ライター : migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好きなアイスは雪見だいふくです。

初心者必見!コーヒー豆の選び方のポイント

これからコーヒー豆を購入してみようと考えている初心者の方は、まずストレートとブレンドの違いについて理解しておくとよいでしょう。 「コロンビア」や「ブルーマウンテン」などの名前がついているコーヒーは、ストレートといい、産地ごとの特徴や個性を楽しめます。 一方、ブレンドは複数の産地のコーヒー豆を混ぜ合わせて、ストレートコーヒーにはない風味を作り出しているものです。このあとご紹介する、産地ごとの特徴でピンとくるものがあれば、まずはストレートの豆を選んでみてください。 また、手っ取り早く自分好みのコーヒー豆を探したい時には、コーヒー専門店や挽き売りのお店に行ってみましょう。店員さんに、飲みたい温度(ホットまたはアイス)、ミルクは入れるのか、どんな食事と合わせたいかなどの希望を伝えると、きっとぴったりのコーヒー豆を教えてくれるはずです。

味わいの違いを知ろう!コーヒー豆の種類とその特徴

ブルーマウンテン

ジャマイカにある「ブルーマウンテン山脈」の限られた地域で栽培されたコーヒー豆を指すブランドの名前です。香りが非常に強く、ほかの香りが弱い豆とブレンドすることも多いほど。コーヒーの香りでシャキッと目を覚ましたい方は、ぜひモーニングコーヒーで味わってみるのがおすすめです。

モカ

モカはフルーツのような独特の甘酸っぱさがあり、同時にまろやかさとコクも楽しめるコーヒー豆です。苦味はやや弱めなので、コーヒーの苦さより酸味をメインに楽しみたい方向けの豆といえるでしょう。産地はイエメンやエチオピアなどが有名です。

コロンビア

コロンビアは酸味と苦味のバランスがよく、ブレンドコーヒー豆のベースとして使われることも多い種類です。値段も高くなく、ごく一般的な豆といえるでしょう。「普通のコーヒーが飲みたい」という方は、まずコロンビアを選んでみると希望通りの味にたどり着けますよ。

キリマンジャロ

タンザニア産のコーヒー豆を、日本では「キリマンジャロ」と呼んでいます。強い酸味と甘いコク、上品な香りと雑味が少なくあっさりした飲み口が特徴です。 キリマンジャロは焙煎方法により味が変わります。深い焙煎では苦味主体の味わい、中煎りでは苦味とバランスのとれた酸味を楽しめますよ。

グアテマラ

上品な酸味と甘い香り、ほどよいコクが楽しめるグアテマラ産の豆は、ほかのコーヒー豆と合わせやすく、ブレンドコーヒーにもよく使われます。酸味が抑えめでコクもあるため、ミルクを入れてカフェオレにしてもおいしい豆です。深煎りにすると香り高いカフェオレができますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS