もやし炒めをシャキッと!美味しく仕上げるコツと人気レシピ15選

安い・簡単・低カロリーの三拍子がそろったもやし炒めは、まさに主婦の強い味方!今回は味付けのタイミングやシャキッと仕上げるコツ、人気レシピをご紹介します。単なるもやし炒めが、より美味しくなって家族も大喜び♩ご飯がどんどん進みますよ。

節約&ダイエットの味方!もやし炒めのレシピ

もやしって、とっても安いし、どんな料理にも使えるし、かなり万能な食材といえますよね。さらに低カロリーなので、ダイエット中の食材としても注目されています。

そんなもやしを使った「もやし炒め」は、まさに主婦の味方ともいえる料理で、普段の食卓にもどんどん取り入れていきたいメニューです。
味も見た目もシンプルなもやしは、いろんな食材や味付けと相性が良いんです。そのままでは「節約料理」のイメージが強いもやし炒めも、工夫次第ではもっと自然においしく、普段の食卓に取り入れることができるんですよ。
今回は、そんなもやし炒めのアレンジレシピを15選ご紹介します。これだけあれば、しばらくもやし炒めのアレンジに困ることはありませんね。

もやし炒めをシャキシャキに仕上げるコツ

もやし炒めをシャキシャキに仕上げるコツは、水分が出てくる前にとにかく手早く仕上げること。しっかり加熱したフライパンにもやしを入れてから、味付けをして取り出すまで、1分ほどで仕上げるのが目安です。あとは余熱でしっかりと火が入ります。

・もやし以外の食材を別に炒めておいて、もやしは最後に混ぜ合わせる。
・味付けは一番最後に。ざっと絡めたらできあがり。


こういったポイントを押さえておくと、シャキシャキでおいしいもやし炒めに仕上がります。これから紹介するレシピにも、ぜひ活用してみてください。

1.タモリさん流もやし炒め

まずはシンプルなレシピから。こちらのレシピは、芸能界のなかでも料理上手としても有名なタモリさんが、よく紹介していたレシピです。

コンソメをお湯で溶かしたものに、酒、塩、こしょうを加えて合わせ調味料を作っておきます。もやしを油をひいたフライパンで強火で炒め、もやしが透きとおってきたら、合わせ調味料を入れ、さっと炒めてできあがりです。

最初にコンソメを溶かして、調味料を合わせておくひと手間をかけることで、手早く炒め合わせることができ、シャキシャキの食感が楽しめます。

2.バターしょうゆ風味のもやし炒め

こちらは、バターしょうゆ味のアレンジレシピです。

バターを溶かしたフライパンで、もやしをさっと炒め、しょうゆを加えたらお皿に盛り付けます。最後に黒こしょうとあさつきを散らして、味と見た目にアクセントを加えればできあがりです。

定番のバターしょうゆ味ですが、もやしと組み泡焦るというのは試したことがない方も多いのでは?

3.牛肉のエノキもやし炒め

もやし単体では豪華さに欠けるので、いろいろな食材を加えたレシピを見ていきましょう。まずは、牛肉を加えたレシピです。

牛肉に塩コショウをして炒めたところに、もやし、えのき、刻んだネギを入れ、顆粒ダシ、しょうゆ、酒で味付けをします。お皿に盛り付けてから、ゴマをふれば完成です。

純粋な牛肉炒めよりも、もやしを加えることで、カロリーを抑えることができます。ほかの具材と合わせれば、かさ増しとしても活躍できるのも、シンプルなもやしの特徴のひとつです。

4.豚バラもやし炒め

こちらは、豚バラ肉を使ったレシピです。

卵と豚肉をそれぞれ炒めて取り出しておきます。卵は半熟状に。もやしを強火でざっと炒めたら、取り出しておいた卵と、豚肉、にらを加えて味付けします。最後に水溶き片栗粉でまとめて、ごま油を回し入れたら完成です。

卵と豚肉を先に炒めておくことで、もやしのシャキシャキ感を残したまま仕上げることができます。水溶き片栗粉でまとめるひと手間で、しっかりと味が絡んでいます。

5.もやしと鶏肉の味噌炒め

こちらは、鶏肉を使ったレシピです。

鶏肉はカットし、もやしは洗っておきます。タレとなる味噌、酒、砂糖は、合わせておきましょう。油を引いたフライパンに鶏肉を入れ、さらにもやしとタレを追加します。最後にしょうゆで味をととのえたら、完成です。

味噌風味は、日本人なら誰もが好きな味ですよね。鶏肉もむね肉を使えばカロリーを抑えられるので、ぜひ挑戦してみましょう。

6.ニラ玉もやし炒め

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

TaK.

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう