ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

もやしは生でも食べられる?

Photo by ササキマイコ

もやしは一年を通して安く買えることから、主婦の味方とも言える食材。しかし一般的に、もやしは暗い場所で成長し、日光による消毒がされていないために雑菌が繁殖しやすいので、生で食べるのはあまりおすすめできません

もやしは火が通りやすい食材なので、目を離した隙にゆで過ぎてしまった……などという経験がある方もいるはず。そこでおすすめしたいのが電子レンジ加熱です。細かく加熱時間の調整ができるので、料理初心者の方にもぴったりですよ。

レンジを使うもやしの加熱方法&加熱時間

シャキシャキさせる場合

Photo by ササキマイコ

・500Wの場合……2分
・600Wの場合……1分40秒
※もやし1袋(200g)の場合
シャキシャキさせるもやしは食感が良いため、しっかり味付けする肉炒めと合わせるとおいしいです。スープに加えると噛みごたえがあり、満足感が高まります。さまざまな料理のトッピングとして活用できますよ。

しんなりさせる場合

Photo by ササキマイコ

・500Wの場合……3分
・600Wの場合……2分40秒
※もやし1袋(200g)の場合
しんなりさせるもやしは油との相性が良いため、ナムルなどの和え物にするのがおすすめです。加熱したての熱々の状態で調味料と合わせるとしっかりと味が染み込みますよ。みそやしょうゆをかけるだけでもおいしく食べられます。

もやしは袋のままレンチンしても大丈夫?

Photo by ササキマイコ

もやしを袋のままレンチンできたら便利ですよね。しかし、電子レンジで熱することで有害物質が発生したり、袋が膨張して破裂したりする危険性があります。袋のまま電子レンジで加熱することはやめましょう。衛生面を考えても、軽く水洗いをしてから調理した方が良いですよ。

電子レンジOKの商品もある

袋に「電子レンジOK」の表示があるものは、パッケージの説明に従って電子レンジ加熱が可能です。水洗いの必要もないため、手間が省けます。もやしを購入するときは、ぜひ表示を確認してみてくださいね。

レンジ加熱をしたもやしの保存方法

Photo by ササキマイコ

もやしは非常にデリケートな野菜のため、買ってきたままの状態だと2~3日で傷み始めると言われています。しかし、週末や特売日などでまとめて買っておく場合もありますよね。そんなときこそ、電子レンジでの加熱がおすすめです。

もやしは加熱することで成長がストップし、長期保存が可能になるとか。これは試してみない手はないですね!ただ、水分が多いため、冷凍保存には向きません。冷蔵での保存がおすすめです。

編集部のおすすめ