材料費が2人分で200円!鶏肉ともやしで作る創作レシピと節約料理のまとめ

家計の救世主といえば、お安く手に入るもやしと鶏肉を想像しませんか?今回は私の得意の創作料理で、旦那さんからも好評だったもやしと鶏肉を使ったレシピを紹介いたします。見てわかりやすい動画レシピもあるので合わせてチェックしてみてください。

もやしと鶏肉は家計の味方

スーパーに行ってかごを手にしたら、とりあえず安そうなもやしと鶏肉をチェックしたりしませんか?私は真っ先にもやしに手を伸ばして、冷蔵庫には必ずストックしています。鶏肉も安い日に多目に買い、小分けにして冷凍庫で保存しています。

今回はそんなよく使うもやしと鶏肉を使った、甘辛焼きのレシピを考えてみました。旦那さんからも好評で、我が家の定番レシピのひとつとなっています。

作り方がわかりやすい動画レシピもあるので、合わせてチェックしてみてください。

「鶏ともやしの甘辛焼き」

材料

材料

Photo by chiroramu

・片栗粉 大さじ2~3
・鶏もも肉 1枚
・もやし 1袋
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・油 適量
・ごま 適量
・ネギ 適量

作り方

簡単な手順を1分程度の動画で紹介しています。
1.もやしと鶏肉を1cm程度の大きさに刻みます。ボウルに入れて片栗粉を加え、ムラにならないようにしっかりと混ぜ合わせます。粉っぽさがなくならない場合には、水を大さじ1~2杯程度足してみてください。

2.フライパンを熱して油をひき、タネを丸めて並べます。そのまま触らずに、弱火~中火で5分程焼きます。5分たったらひっくりかえし、さらに5~10分程焼いて鶏肉に火が通っていればOKです。

3.砂糖・みりん・しょうゆを合わせ、2をまわしかけてなじませます。片面になじんだら、ひっくりかえしてもう片面にもなじませます。

4.ゴマとネギをふりかけて完成です。

ポイント

・つなぎが弱く崩れやすいため、ひっくりかえす時以外は触らないのがうまく焼くコツです。どうしてもうまくいかない人は、つなぎに溶き卵を1個混ぜてみてください。

・もやしを洗ってすぐだと水分が付いていて片栗粉がなじみやすくなっていますが、時間が経つと乾燥して水分がなくなるため、片栗粉がなじまなくなる場合があります。その時は水を大さじ1~2杯程度足してあげてください。そうすることにより、なじみがよくなります。

お味は?

お味は?

Photo by chiroramu

つなぎが片栗粉だけなので、口の中でほろほろほどけやすく、お子さまにも食べやすい食感になっています。甘辛のタレがよく浸透していてそれだけでもおいしいのですが、お好みでポン酢やマヨネーズなどをつけていただいても、よりおいしくいただくことができますよ。

他にも知りたい節約レシピ

ご飯は毎日作るもの。レシピはひとつだけじゃなく、他にも節約レシピがあれば知りたいですよね。

そこで、安く作ることができそうなレシピをいくつかピックアップしてみました。冷蔵庫をのぞいて、使えそうな食材があればぜひ参考に作ってみてください。

ちょっと変わったピーマンサンド

ピーマンの肉詰め……?かとおもいきや、コロッケのタネをピーマンに挟んだコロッケ風ピーマンサンドのレシピです。じゃがいものほうがお肉よりも安く買える事が多いので、ピーマンの肉詰めをするよりは節約に貢献してくれそうですね。

衣を付けててんぷらにしたら、ソースやケチャップでいただいてください。

豆腐とささみの節約焼売

特集

SPECIAL CONTENTS