「梅肉エキス」の驚くべき効果・効能!もう疲れは残さない!

「梅肉エキス」とは、青梅の果汁を搾ってじっくりと煮詰めたもので、梅の有効成分やミネラル分が濃縮されています。今回は、そんな梅エキスの効果効能から、作り方までご紹介。あなたも、自家製梅肉エキスで、健康な毎日を始めてみてはいかがでしょうか?

梅肉エキスとは?

梅肉エキスは、青梅の果汁をじっくり煮詰めたものです。梅100%のピュアなエキスは、青梅1kgから、わずか20〜50gほどしか採れません。

しかし、梅肉エキスには、梅の有効成分やミネラル分が濃縮されているんです。お湯で薄めて飲むだけで十分その健康効果を得られますが、普段の料理にアクセントとして使うのもおすすめですよ。

梅エキスの栄養成分

梅肉の特徴は、有機酸が多く含まれていること。有機酸にはクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、酒石酸があり、疲労回復効果が高いと言われています。

また、梅の栄養価値は果物のなかでも優れており、タンパク質やカルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルや、ビタミンA・B1・B2・Cなども豊富に含まれています。梅という食材がどうして昔から食べられているのか、その理由がよく分かりますね。

梅肉エキスの効果・効能

では、梅肉エキスにはどのような健康・美容効果があるのでしょうか。主なものは、以下のとおりです。

疲労回復

梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には、糖質の代謝を促進する働きがあります。有機酸が中間産物として働くことで、栄養素を効率よくエネルギーに変えられるため、体内でのエネルギー代謝に効果的です。(※1)

美容効果

クエン酸は、細胞に働きかけることにより新陳代謝を促し、古くなった角質を剥がして新しい肌を生成するというサイクルをサポートしています。また、血中の乳酸を「クエン酸回路」という仕組みで分解し、血液の酸化を抑えて血流を良くする作用もあるため、美肌効果が期待できます。(※2)

食欲増進効果

梅の酸味成分には、食欲を増進させる作用があるとされています。また、唾液や胃液などの消化酵素の分泌を高めて、消化吸収を助ける働きもあります。(※3)夏バテで食欲がないときに梅干しやレモンが勧められるのは、このためなんですね。

ミネラルの吸収促進効果

カルシウムや鉄分といったミネラル類は、わたしたちの健康を保つうえで欠かせない栄養成分。しかし、ほかの栄養素と比べて吸収率が低いんです。クエン酸には、ミネラルと合体して吸収率を高める作用が認められています。(※4)

梅肉エキスを口にするときは、ぜひともミネラルも一緒に摂取したいですね。

梅肉エキスの作り方

梅肉エキスの健康・美容効果が分かったところで、次は作り方を見てみましょう。使うのは青梅のみ。フードプロセッサーを使って比較的簡単にできるレシピなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

保存方法・保存期間

作った梅肉エキスは、陶器やガラス製の密閉容器に移し、常温で保存してください。冷蔵庫で保存すると硬くなってしまうので、直射日光の当たらない場所に置いておきましょう。

梅は酸が強いため、基本的には年単位での保存が可能です。しかし、水などの不純物が混じってしまうと傷みの原因となるので、使う際は清潔なスプーンですくうようにしてくださいね。それでも手作りであるため、早めの使用を心がけましょう。

梅肉エキスをおいしく飲む方法

梅肉エキスをティースプーンで軽くすくって湯のみに入れ、熱めのお湯で溶かしましょう。ホットにした梅ジュースをイメージしてもらえると、風味はかなり近いです。

暑い季節やお風呂上がりには、冷たいお水やソーダで割って飲むのもよさそう。梅肉エキスに砂糖は入っていないのですが、梅本来の甘さが心地よく感じられるはずです。梅味が苦手でさえなければ、毎日飲んでも飽きるどころかどんどん好きになるかも!

梅肉エキスを使ったドリンクレシピ3選

特集

SPECIAL CONTENTS