ビタミン不足の味方「クミン」の効能とは? 活用レシピも押さえよう

カレーの香りの元となる香辛料、クミン。味付けのアクセントになるだけでなく、健康・美容の効能も豊かなすぐれものです。ダイエットの研究も盛んにおこなわれているクミンの詳しい効能、効果的な食べ方についてまとめました。

2019年3月27日 更新

カレーの香り成分「クミン」

エスニックカレーの独特の香りの元となるスパイス「クミン」。コショウやシナモンに比べて少々マイナーな存在ともいえますが、カレーだけでなく、古くからソーセージやミートローフなどの味付け、香り付けに活用されてきました。

クミンは香辛料として役立つだけでなく、近年になって、その健康効果にも大きな注目が集まっています。特にダイエットや美容の効果が高いとされており、食事に積極的に利用する人も増えているのだとか。

美容を促すクミンの栄養成分と効能

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。(※1)肌は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっているのですが、コラーゲンは真皮の中で網目状に存在しており、表皮を支えています。コラーゲンが不足すると支えが不十分となり、しわやたるみの原因になります。

ビタミンCによってコラーゲンを効率的に生成することで、内側から肌を支えて美肌につながるんです。

ビタミンB2

ビタミンB2には、エネルギーの代謝を促す役割があります。(※2)代謝をしてエネルギーにかえることで、運動をするときの原動力になるのですが、代謝がうまくおこなわれないと脂肪として蓄えられてしまいます。

過度な食事制限などにより不足すると、余計に脂肪を溜め込んでしまう原因になるので、ダイエット中こそ積極的に摂取しましょう。

ビタミンE

わたしたちの体は、細胞が酸化することにより老化が進みます。抑制するには、酸化を抑える抗酸化成分が必要不可欠なのですが、ビタミンEには強い抗酸化作用が認められています。(※3)

その結果、アンチエイジングだけでなく、酸化により引き起こされるさまざまな体の不調を対策することにもつながりますよ。

健康に役立つクミンの栄養成分と効能

1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう