ライター : tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

監修者 : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

カレーの香り成分「クミン」

エスニックカレーの独特の香りの元となるスパイス「クミン」。コショウやシナモンに比べて少々マイナーな存在ともいえますが、カレーだけでなく、古くからソーセージやミートローフなどの味付け、香り付けに活用されてきました。

近年になって、その健康への作用にも大きな注目が集まっています。特にダイエットや美容に役立つとされており、食事に積極的に利用する人も増えているのだとか。

美容を促すクミンの栄養成分と効能

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートするはたらきがあります。コラーゲンは皮膚の真皮中で網目状に存在しており、肌を支えています。加齢や活性酸素などにより、コラーゲンの質や代謝が低下すると、肌のハリが失われる原因になることが。

ビタミンCを摂りコラーゲンを効率的に生成することで、内側から肌を支えてハリのある肌につながります。また、ビタミンCは体内で作りだすことができないため、食事から摂取する必要のある成分です。(※1,2)

ビタミンB2

ビタミンB2は、糖質・たんぱく質・脂質の代謝にかかわり、補酵素としてエネルギーの産生を助ける役割があります。活動量が多く、エネルギーをたくさん消費する人ほど必要になるビタミンです。

また、髪や爪などの細胞の再生や、皮膚・粘膜の健康を保つはたらきがありますよ。(※3)

ビタミンE

多くの人が対策をしたい“老化”は、体内で生じた活性酸素により細胞が傷つけられ、酸化することが原因です。ビタミンEには、活性酸素から体を守る強い抗酸化作用が認められています

そのため、老化の抑制だけでなく、酸化により引き起こされるさまざまな体の不調への対策にもつながりますよ。(※4)

健康に役立つクミンの栄養成分と効能

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS