え、知らなかった…「クッキー」と「ビスケット」の違いが微妙すぎる!?

何気なく日常で食べている「クッキー」と「ビスケット」ですが、その違いはどこにあるのでしょうか?今までなんとなく分かったつもりでいた両者の違いを、今回はっきりさせましょう!サブレやスコーンとの違いもまとめていますよ。

「クッキー」と「ビスケット」の違い

みんな大好きな「クッキー」と「ビスケット」。どちらもおやつの定番ですが、クッキーとビスケットはどう違うの?やわらかくてバターが多いほうがクッキー、食感が硬めで塩気もちょっと感じるのがビスケット……かなぁ、というふうに、なんとなくとらえている方が多いのでは?

このふたつのお菓子、どこで線引きされているんでしょうか。調べてみました。

クッキーはアメリカ伝来のスイーツ

「クッキー」はアメリカから伝わった焼き菓子。アメリカではさくっとしたお菓子すべてを指してクッキーといいます。日本では、小麦粉を主原料とする焼き菓子で、糖分と脂分を全体の40%以上含んだ、手作り風の見た目を持つものがクッキーと定められているんですよ。

ビスケットはイギリスから伝わったもの

一方でビスケットは、イギリスから伝わったお菓子です。イギリスでは小麦粉で作ったお菓子を総称してビスケットと呼び、日持ちを長くするために二度焼き、つまり一度焼いたパンをもう一度焼いたのがその始まりなんだとか。

日本では小麦粉が主原料の焼き菓子で、糖分と脂分が40%未満のものをビスケットといいます。

アメリカのビスケットは「スコーン」

某ファストフード店の「ビスケット」という商品を思い浮かべると分かりやすいのですが、アメリカではスコーンに似た厚みのあるパンに近い焼き菓子が「ビスケット」と呼ばれています。薄い焼き菓子はすべてクッキーで、塩味がついたものはクラッカーです。

イギリスでは、パンのような焼き菓子はスコーンと呼び、アメリカのビスケットと同じ意味で使われています。

「サブレ」との違いは何?

クッキーやビスケットと似たお菓子で「サブレ」というものもありますが、違いはなんでしょうか?

サブレは、フランスのお菓子。フランス語で「砂」を意味し、小麦粉に対してバターやショートニングが多く使われ、ビスケットやクッキーよりもさらにさっくりとした食感の焼き菓子を表します。

ビスケットには、薄力粉・グラニュー糖・バター・卵・ベーキングパウダーを入れますが、サブレにはベーキングパウダーは使用しません。

違いを知ってみんなに自慢しちゃおう♪

イギリスには「クッキー」という言葉がなく、小麦粉をメインに使った薄い焼き菓子はすべて「ビスケット」なんですね。このようにして改めて調べてみると、知らなかった事実が続々あったのではないでしょうか?

違いを聞かれたときに、サラッと答えられるととてもかっこいいですよ♪
▼知らずに使ってたら恥ずかしい!? アレとアレの違いも押さえておこう!

特集

SPECIAL CONTENTS