知っておこう!「もりそば」と「ざるそば」の違いとは?

「もりそば」と「ざるそば」の違いをご存知でしょうか?どちらも冷たいおそばのことじゃ……と思うかもしれませんが、実はちょっと違うんです。その発端は江戸時代の東京にあるようですよ。そばには欠かせないそば湯についてもお伝えします。

「もりそば」の由来は?

「もりそば」と「ざるそば」、どんな違いがあるのでしょうか?「海苔」があるかないか、でしょうか?実は、ちょっと違うようです。時は江戸時代までさかのぼるのですが……

「もりそば」は「かけそば」との区別から

そばは汁につけて食べる「つけ麺」スタイルだったのです。ところが、江戸・元禄時代に入って、この食べ方がめんどうになった人たちが、汁をそばに直接かけて食べ始めました。この食べ方は「ぶっかけそば」と称されました。

「ぶっかけそば」が略されて「かけそば」になり、今度はこちらが主流になってきたんですね。その「かけそば」と区別するべく、汁につけて食べるそばを「もりそば」と呼ぶように。一説では高く山のように「盛り」つけるので「もりそば」と名付けたともいわれています。

「ざるそば」はどう違う?

ざるそばの元祖は江戸時代初期、東京・深川にあった伊勢屋が、せいろや皿でなく「竹ざる」にそばを盛って出すので、「ざるそば」と名づけられたそうです。
当時は四角いざるや丸いざるで提供されていたそうで、どんな風だったのかは想像するしかありませんが、上記の写真に似た感じだったのでしょうか。

ざるそばは明治時代から海苔をかけるように

もみ海苔を現在のようにざるそばにかけるようになったのは明治以降。またつけ汁も、もりとざるとでは、違うものにしていたんだとか。「ざる」は一番だしを使い、「もり」は二番だしを使っていたとか、ざるの汁はみりんを使用して甘めに仕上げたとかいう説もあります。

ざるそばの方が上質のそば粉を使っていたという話もあるので、全体的にもりそばが庶民派で、ちょっと高級なのがざるそばという位置づけだったのかもしれません。

「もりそば」と「ざるそば」の違い

まとめると、最初に「かけそば」が出てきたため、それと区別するために「もりそば」が生まれます。そののち、今までの皿でなく、ざるに乗せて提供するそばを「ざるそば」と呼ぶようになったのですね。
現在は「ざるそば」という名前で提供しているお店が多いように思いますが、ざるそばでもせいろのようにお皿にのって出てくるお店も多いですね。結局ざるそばの人気がもりそばを上回ってしまった、ということなのでしょうか。

そば湯は栄養満点!

ちなみに、そば屋さんに行くと「そば湯」が出てくることがありますよね。そば湯はとっても健康によい飲み物なんです。そばをゆでたときに使われたお湯には、そばの栄養分がたくさん溶けだしているんです。その風習は古いもので、そばの本場・長野県で飲まれるようになったことが起源ともいわれます。

そば湯の飲み方は大きくわけてふたつあり、そのまま飲む方法と、そばのつけ汁をそば湯で割る方法があります。後者の方がつゆの風味がするので、飲みづらく感じる方にはおすすめ。そばを食べるときのネギ・わさびなどの薬味を少し溶かすのもいいですね。

栄養分が豊富

そばには、たんぱく質・ビタミンB1とB2、鉄分、ルチン、カリウムが含まれているのですが、ゆでることで豊富な栄養分がお湯の中に流れでてしまうのです。せっかく栄養素がたくさん含まれているのに、もったいないですよね。ぜひチャンスがあればそば湯も飲んでみてください。

以上、「もりそば」と「ざるそば」の違いでした。知識が増えたところで、ぜひ実際におそばを楽しんでみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう