焼き立てをお家で♪ ビスケットの基本レシピ&アレンジ5選

ビスケットと言えば日本ではクッキータイプのものを思い浮かべる方が多いと思います。本場でビスケットというとスコーンタイプのものを呼ぶそうですよ。今回は日本でいうところのスコーンタイプのビスケットの基本の作り方とアレンジレシピをご紹介します。ぜひ作ってみてくださいね。

2019年2月11日 更新

ビスケットの基本レシピ

ジャムが塗られたビスケットが乗ったお皿、ティーカップ、スプーン、ジャムが入ったココット2つ

Photo by mikA.K

スコーンタイプのビスケットの作り方をご紹介します。材料はいたってシンプルなので、基本さえ押さえてしまえばアレンジ自在!チョコレートやナッツを入れておやつに、ベーコンやハムを入れてお食事系にも!ぜひ作ってみてください。

材料(小さめのビスケット10個分)

ビスケットの材料

Photo by mikA.K

・薄力粉……200g
・ベーキングパウダー……小さじ2杯
・グラニュー糖……10g
・塩……ひとつまみ
・無塩バター……55g
・牛乳……100cc

作り方

1. 材料をすべて冷やします。

角切りにしたバターが乗ったカッティングボード

Photo by mikA.K

バターは角切りにし、材料をすべて冷蔵庫で冷やしておきます。

2. フードプロセッサーで粉類や砂糖を混ぜます。

粉類が入ったフードプロセッサー

Photo by mikA.K

フードプロセッサーに牛乳とバター以外の材料を入れ、一度かくはんします。

3. バターを入れてかくはんします。

バターと粉がさらさらに合わさった状態

Photo by mikA.K

バターを入れてかくはんします。細かくさらさらとした状態にしましょう。

4. 牛乳を入れてかくはんします。

フードプロセッサーに牛乳を入れている画像

Photo by mikA.K

牛乳を入れてある程度まとまるまでかくはんします。

5. ラップで包んで休ませます。

ラップで包んで伸ばした生地

Photo by mikA.K

台などに取り出してひとつにまとめます。ラップに包んで軽く伸ばし、冷蔵庫で1時間休ませます。

6. 層を作ります。

特集

SPECIAL CONTENTS