ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ソーセージとは

ひき肉を塩やハーブ類で味付けし、腸詰にした食べ物。それがソーセージです。燻製にしたりして保存食として食べられます。歴史はハムよりも古く、その昔は兵士の携行食として食べられることもあったようです。 ではウインナーとの違いは何か。実はあらゆる腸詰肉を総称するのがソーセージで、ウインナーはそのうちの一種類に過ぎません。フランクフルトやサラミ、カルパス、韓国のスンデもソーセージの一種です。 ここからは、さまざまなソーセージの種類とその違いについて紹介しましょう。種類は数えきれないほどありますが、ここでは主だったソーセージについて触れます。

ソーセージの種類

ウインナーソーセージ

私たちになじみ深いのがウインナーソーセージです。名前の由来はオーストリアの首都・ウィーン。 日本のJAS規格では、太さが20mm未満のもの、または羊の腸に詰めたものがウインナーソーセージであると定められています。代表的なソーセージの中では小さく細い部類に入ります。 JAS規格の分類は本場の分類とは異なります。太さによって明確な区別がされているわけではありませんので、注意してください。

フランクフルトソーセージ

フランクフルトというと、屋台やコンビニで販売されている太くて大きなソーセージを思い出しますね。 名前の由来はやはり都市の名前で、ドイツのフランクフルトです。JAS規格では、20mmから36mm未満の太さ、または豚の腸を使用したものと定められています。 中身もウインナーソーセージとは少し違っていて、肉のほかに小麦粉、コーンミールなどの材料が加わります。

ボロニアソーセージ

ウインナー、フランクフルトは日本でもよく見かけますが、このボロニアソーセージは知らない方が多いかもしれません。 ボロニアソーセージの名前はイタリア・ボローニャ地方に由来します。JAS規格では太さが36mm以上と3つのうちもっとも大きなソーセージで、牛の腸を使用します。また、フランクフルトと同様に結着材としてひき肉に小麦粉を加えて作られます。 実際のボロニアソーセージを見ると、ハムと同じくらい直径が大きいものが多いです。

その他のソーセージ

魚肉ソーセージ

動物の肉ではなく魚肉を使用したソーセージで、通常のソーセージよりも安価なものが多いです。 使われるのはスケトウダラや鯨などの白身魚です。結着材として卵白などが用いられ、豚の脂、塩、ハーブ類で味を調えて作られます。 戦後の日本において、これからは洋食の時代だ、としてかまぼこのソーセージ化が進められたのだとか。これが日本の魚肉ソーセージ普及のはじまりだったといいます。もともとはマグロの赤身が使用されていましたが、やがてクセがなく加工しやすい白身魚が用いられるようになり、それが定着しました。 肉を使ったソーセージよりもあっさりとした味で、手軽なおやつとしても人気です。

チョリソー

「辛いソーセージ」というイメージがあるチョリソー。発祥はスペイン・イベリア半島で、細かく刻んだ豚肉にニンニク、パプリカといった香辛料を混ぜて作られるソーセージです。 生のまま切ってパンにはさんで食べたり、そのままお酒のつまみとして食べられたりします。しっかりと塩辛い味がついているので、調理しなくてもそのままで十分楽しめるというわけですね。 スペインではパプリカパウダーをたっぷり入れるので真っ赤になって辛そうに見えますが、実際に食べてみると見た目に反して大して辛くはありません。辛いチョリソーはスペインからメキシコに渡ったもの。メキシコ料理は辛いものが多いため、チョリソーも唐辛子をたっぷり入れて辛くしたものが好まれたのです。「チョリソー=辛い」というイメージはここからきたのかもしれませんね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS