ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

ソーセージとは

ソーセージとはひき肉を塩やハーブ類で味付けし、腸詰にした食べ物のこと。燻製で加熱をしたり、加熱をせずに乾燥させたりして作られます。

その歴史は古く、紀元前8世紀には似たような料理があったようです。その後、燻製技術の発達や東洋から香辛料が持ち込まれたことで、12~13世紀にドイツで保存食として定着。ヨーロッパ各地に普及していきました。(※1,2)

ソーセージとウインナーの違い

ではソーセージとウインナーの違いは何でしょう。実はあらゆる腸詰肉を総称するのがソーセージで、ウインナーはそのうちの一種類に過ぎません。

フランクフルトやサラミ、カルパス、チョリソーなどもソーセージの一種。世界には1000種類以上のソーセージが存在するといわれていますが、分類や名称に世界的な基準はありません。

ただし、日本ではJAS規格(日本農林規格)によって、大きさ・原材料などを基準に数種類に分類されています。次からは、ソーセージにはどんな種類があるのか、主なものについてみていきましょう。(※3,4)

ソーセージの種類

ウインナーソーセージ

私たちになじみ深いのがウインナーソーセージです。名前の由来はオーストリアの首都・ウィーンから。

JAS規格では、太さが20mm未満のもの、または羊の腸に詰めたものがウインナーソーセージであると定められています。代表的なソーセージのなかでは小さく細い部類に入ります。(※5,6)

フランクフルトソーセージ

フランクフルトというと、屋台やコンビニで販売されている太くて大きなソーセージを思い出しますね。名前の由来はやはり都市の名前で、ドイツのフランクフルトです。

JAS規格では、20mmから36mm未満の太さ、または豚の腸を使用したものと定められています。(※5,6)

ボロニアソーセージ

ウインナー、フランクフルトは日本でもよく見かけますが、このボロニアソーセージは知らない方が多いかもしれません。

ボロニアソーセージの名前はイタリア・ボローニャ地方に由来します。JAS規格では太さが36mm以上で、牛の腸を使用したものを指します。日本のソーセージの分類上もっとも大きなソーセージです。

実際のボロニアソーセージを見ると、ハムと同じくらい直径が大きいものが多いです。(※5,7)
Photos:7枚
白い丼に盛られたウインナーソーセージとピーマンの丼
器に盛られたフランクフルトソーセージとアスパラガスの炒め物
ボロニアソーセージのトーストやサラダがワンプレートに盛られている
青い柄入りの器に盛られたリオナソーセージの大葉おにぎり
木製の器にケチャップやマスタードと一緒に盛られた、魚肉ソーセージのアメリカンドッグ
チョリソーとベーコンのキッシュが緑色の器に盛られている
白い器に盛られたサラミとセロリのチャーハン
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ