ドライソーセージ

ドライソーセージとは、サラミやカルパスなど、お酒のおつまみとしてよく食べられるソーセージです。 通常のソーセージより長期保存できるのは、乾燥させて水分を飛ばしているから。これは常温保存も可能です。 塩、ハーブ、スパイスが入りますが、作られる地域によって味付けはさまざま。イタリアで一般的なのは「ミラノサラミ」です。ふつうのソーセージと同じく、地方の名前を冠するものが多いです。

「ソーセージ」とひと口にいってもいろんな種類がある!

ウインナーとソーセージの違いを紹介してきました。ウインナーとはソーセージ一種。ソーセージにはウインナー以外にも数えきれないほどの種類があり、大きさから味付けからさまざまな違いがあることがわかったと思います。 日本でメジャーなソーセージはウインナーやフランクフルトくらいですが、お酒のおつまみとしてはサラミやカルパスなどもよく食べますね。そのほかのソーセージはなかなかスーパーでは見かけませんが、お肉専門店にいくと手に入れることができます。ぜひ食べ比べてみてください!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS