短期集中「梅湯流し」の方法&効果効能。デトックスしてすっきりしよう

今回は、注目のデトックス方法「梅湯流し」のやり方や、効果効能についてご紹介します。時間はかかりますが手順は簡単なので、試しやすいのがポイントです。食べ過ぎで疲れてしまった胃腸を、梅湯流しで休ませてみませんか?

2019年2月27日 更新

疲労回復効果

クエン酸には、体内でエネルギー代謝をおこなう「クエン酸回路」という仕組みの中心的成分。クエン酸を摂取してクエン酸回路を働かせることにより、疲労物質の分解がおこなわれます。その結果、すみやかな疲労回復につながるのです。(※2)

肝機能の向上

梅干しに含まれる「ピクリン酸」という成分には、肝臓の働きをサポートする役割があります。(※3)肝機能が高まることで、お酒を飲んだ際にアルコールが分解されやすくなり、二日酔いの対策になります。さらに、糖やたんぱく質、脂肪の代謝にも役立ちますよ。

梅湯流しでデトックス

食べ過ぎで疲れてしまった胃腸を、ゆっくりと休めるのに効果的な「梅湯流し」。腸内に溜まったものを排出させることで、心も体もすっきりすること間違いなしですよ。無理のない範囲で、試してみてはいかがでしょうか?
【参考資料】
▼梅湯についてもっと知りたい方はこちら
▼こんなデトックス方法はいかが?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS