短期集中「梅湯流し」の方法&効果効能。デトックスしてすっきりしよう♪

今回は、注目のデトックス方法「梅湯流し」のやり方や、効果効能についてご紹介します。時間はかかりますが手順は簡単なので、試しやすいのがポイントです。食べ過ぎで疲れてしまった胃腸を、梅湯流しで休ませてみませんか?

「梅湯流し」とは

「梅湯流し」とは、は2日半(7食分)の食事を抜いておこなうデトックスの方法なのですが、断食によって溜め込んだ老廃物を排出する目的があります。溜まっていたものが外に出るので、デトックス効果が期待できますよ。

梅湯流しの方法

1. 2日半(7食分)の食事を抜きます。

2. 断食後、まずは白湯をコップ一杯飲みます。そしてさらに、水2Lに対して梅干し8個をほぐし5分煮た「梅湯」を、どんぶり一杯飲み干します。

3. キャベツ、大根、トマト、きゅうりなど、5種類ほどの生野菜に味噌をつけて食べます。梅湯と一緒に食べてもOKです。

4. 個人差はありますが、大体40~50分ほどすると便意をもよおしてくるので、すぐトイレへ行きましょう。3回くらいトイレに行けば、自然に便意はおさまります。
以上が、梅湯流しの方法です。24の工程は全体で1.5時間から3時間くらいかかるので、休日など時間があるときに実践してください。もし便意がない場合は、梅湯と野菜を食べ続けてみましょう。

注意点とポイント

梅湯流しをやり終えた翌日以降の食事は、油物や肉類を摂取しないよう注意しましょう。生野菜や果物を食べることから始め、そこから野菜スープやおかゆなど火を通したものを食べて、徐々に胃を慣らしてください。スープなどは、味付けをなるべく薄くするのがポイントです。
そのほか、ヨーグルトや豆腐なども摂取するようにしましょう。断食したのと同じ日数をかけて元の食事に戻すよう心がけながら、ゆっくりと食事を楽しんでみてください。

1日の断食から始めてもOK!

いきなり2日半食事を抜くのは、簡単なことではありませんよね。初心者の方は、1日の断食から始めてもOKです。朝と昼の食事を抜いて、夕方5時くらいから梅湯流しを始めましょう

梅湯に期待できる効果効能

胃腸の調子を整える

梅干しに多く含まれる「クエン酸」には殺菌作用があり、胃腸に潜伏する悪玉菌を減らす効果が期待できます。それにより善玉菌が優勢になって、胃腸の働きが高まることにつながります。

疲労回復効果

クエン酸には、体内でエネルギー代謝をおこなう「クエン酸回路」という仕組みの中心的成分。クエン酸を摂取してクエン酸回路を働かせることにより、疲労物質の分解がおこなわれます。その結果、すみやかな疲労回復につながるのです。

肝機能の向上

梅干しに含まれる「ピクリン酸」という成分には、肝臓の働きをサポートする役割があります。肝機能が高まることで、お酒を飲んだ際にアルコールが分解されやすくなり、二日酔いの対策になります。さらに、糖やたんぱく質、脂肪の代謝にも役立ちますよ。

梅湯流しでデトックス

食べ過ぎで疲れてしまった胃腸を、ゆっくりと休めるのに効果的な「梅湯流し」。腸内に溜まったものを排出させることで、心も体もすっきりすること間違いなしですよ。無理のない範囲で、試してみてはいかがでしょうか?
▼梅湯についてもっと知りたい方はこちら

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう