ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

のせるだけ!「カナッペ」の簡単レシピ集

片手で食べられる便利さや、アレンジが豊富な点から、パーティーや前菜として作られることの多い「カナッペ」。食材や調味料をのせるだけで完成するので、料理初心者の方でも挑戦しやすいですよ。

カナッペとブルスケッタの違い

よく混合される「カナッペ」と「ブルスケッタ」。どちらも前菜として出されるイメージがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

カナッペとは、フランスパンやクラッカーなどに食材をのせて作ります。一方ブルスケッタは、パンにオイルやにんにくを塗って風味づけし、その上に食材をのせる点が違います。ちなみに、カナッペはフランス語、ブルスケッタはイタリア語なんですよ。

カナッペの土台におすすめの食材

カナッペを作る際、一般的にはフランスパンを使用します。最近では、クラッカーを用いることも多いです。平たい食材にさらに食材をのせて「カナッペ」としている場合も多く、じゃがいもやズッキーニ、アボカドなどを土台にするレシピも。

カナッペに定義はないため、いろいろなアレンジを楽しめるのが魅力です。この記事では、代表的なフランスパンとクラッカー、リッツを使うレシピを、「食事系」「おつまみ系」「スイーツ系」の3種類に分けてご紹介します♪

食事系カナッペの人気レシピ6選

1. 【フランスパン】ぶりのカナッペ

刺身や照り焼きなどで人気の、ぶりを使うカナッペです。ぶりは臭みが出やすいため、加熱するときに酒をふるのがポイント。骨や皮を取り除けば、口当たりがよくなりますよ。

サンドイッチの具材にもおすすめ。ピンクペッパーを飾ると、彩りがアップします。

2.【フランスパン】トマトと納豆のカナッペ

トマト・納豆・クリームチーズで作る、和洋折衷のカナッペ。切って混ぜてのせるだけの簡単レシピです。具材は、しょうゆとオリーブオイルで簡単に味付けすればOK。

辛味が欲しい場合は、からしを加えてみてください。きりっと味が締まりますよ。

3. 【フランスパン】トマトとバジルの簡単カナッペ

ひと口ピザのようなカナッペです。バジルを混ぜたトマトソースをバゲットに塗り、2種類のチーズをのせてこんがりと焼きます。バジルのさわやかな香りとトマトの酸味、チーズの旨味がたまらないおいしさ。ついもうひとつと手が伸びますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ