ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

まずはこれ!無水調理で作る基本の温野菜レシピ

無水調理で作る基本の温野菜のレシピです。味付けも塩とコショウだけで仕上げるので、野菜本来のうま味をじっくり味わえますよ。お鍋でコトコト煮るのもいいですし、炊飯器で煮れば、火元を気にすることなくほったらかしで作れます。

おいしい温野菜を作るコツ

1. 鍋で作る場合

火の通りにくいものほど下に並べましょう。野菜には水分がたくさん含まれているので、その水分を利用して蒸すと野菜の甘みをより引き出すことができます。煮る場合は、強火で調理すると水分が飛んでしまいこげつく原因になります。時間はかかりますが、弱火でコトコト煮込みましょう。

2. 電子レンジで作る場合

まんべんなく火を通すため、間隔をあけて並べましょう。全部まとめて温めるのではなく、火の通りにくい根菜などは別に調理し、加熱時間を長めにとりましょう。塩をかけて加熱すると素材から水分が出すぎてしまうことがあります。味付けに塩を使用する際は、食べる前にかけてください。

温野菜の人気洋風レシピ5選

1. 圧力鍋で作る温野菜のバーニャカウダ

温野菜といえばバーニャカウダも基本ですよね。アンチョビで作るソースにつければ、いくらでも野菜が食べられるという方も多いのでは?やわらかくするのに時間がかかる根菜も、圧力鍋なら簡単スピーディーに作れるので急なおもてなしにもおすすめ♪

2. 温野菜のチーズソースとポーチドエッグのせ

ゴロゴロした野菜に、ポーチドエッグをのせたボリューミーなひと品。チーズとベーコン、卵はおなじみの組み合わせですよね。じゃがいもは皮付きにすることでよりホクホク感が味わえます。これひとつでも立派な朝食やランチになりそうです。

3. カレー風味温野菜

野菜をゆでて、調味料と合わせるだけのお手軽レシピです。目玉焼きやオムレツ、ステーキやソテーなどの付け合わせにはもちろん、ホワイトソースを合わせてチーズをのせ焼けばグラタンにもなります。お子さんにも大人気なカレー味なら、苦手な野菜も食べることができるかもしれませんね。

特集

FEATURE CONTENTS