シリアルの新定番「ミューズリー」とは?おすすめの食べ方&栄養素まで

今回は、シリアル食品の新定番「ミューズリー」についてご紹介します。グラノーラとの違いや含まれている栄養素、おすすめの食べ方、さらには活用レシピまで、盛りだくさんでお届け!販売店やおうちでの作り方もまとめているので必見ですよ。

2017年4月11日 更新

シリアルのひとつ「ミューズリー」とは

朝食の定番であるシリアル食品のひとつ「ミューズリー」。名前だけは聞いたことがあるという方や、名前すら知らないという方も多いのではないでしょうか。

ミューズリーの発祥はスイス。オーツ(オートミール)などの穀物を中心に、ドライフルーツやナッツを混ぜ合わせたシリアル食品です。そのほかのシリアル食品と同じように、牛乳などをかけて食べるのが一般的。

カロリーと糖質量

使うドライフルーツやナッツの種類によって、ミューズリーのカロリーや糖質量は変わってきます。今回は、例として下で挙げる【手作りもできる!ミューズリーの基本の作り方】のレシピを参照しました。

ミューズリーは1人分(35g)あたり、カロリーが149.8kcal、糖質量が20.3gです。もちろん材料によって前後するので、あくまで目安として参考にしてくださいね。

ミューズリーとグラノーラの違い

ミューズリーとの比較対象として挙げられることの多い「グラノーラ」。たしかにどちらも穀物とドライフルーツ、ナッツが入っているイメージですが、いったいどのようなところに違いがあるのでしょうか?

グラノーラとは

グラノーラは、オーツ(オートミール)や玄米などの穀物を中心にナッツとドライフルーツを混ぜ、オイルとシロップ(蜜)を合わせてオーブンで焼いたものを指します。商品によってはドライフルーツが入っていなかったり、ナッツが入っていなかったりなどさまざまです。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

あれすーぱ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう