意外と知らない「グラノーラ」「オートミール」「ミューズリー」の違いまとめ

流通経済研究所の調査によると、3月17~23日のパン・シリアル類売り上げランキングに、シリアルとしては初めてカルビーの「フルグラ」が7位にランクイン。2010年、目黒のシリアル専門店「GMT(グッド・モーニング・トーキョー)」のオープン以来、グラノーラ人気は高まる一方。他方、グラノーラとオートミール、ミューズリーの違いを知らないという人は多いのでは? 今回は、それぞれの違いをご紹介します!

世はグラノーラが人気爆発!

シリアル専門店「GMT」が人気の火付け役

グラノーラ人気の火付け役の1つとなったのは、2010年にオープンした日本初シリアル専門店「GMT(グッド・モーニング・トウキョウ)」だ。砂糖や添加物を極力使用せず、カナダ産のメープルシロップを使用するなど、素材にこだわっているのが最大の特徴だ。

出典: biz-journal.jp

4/16、遂にグラノーラ専門店「グラノヤ」が阪神百貨店梅田本店にオープン!!

『grano-ya(グラノヤ)』では、「フルグラ」で使っているグラノーラをベースに、直営店だからできる珍しい素材(アサイー、ブルーベリー、チョコレート等)をミックスしたオリジナルのグラノーラを販売。また、お好みでフルーツなどをトッピングしたオリジナルのグラノーラをつくることもできます。

出典: www.hanshin-dept.jp

カロリー控えめなうえ、ミネラルや食物繊維などの栄養素が豊富で、最近の健康意識の高まりで爆発的な人気を得ているようですね。

そういえば、昔からオートミールってあったけど、グラノーラとどう違うの?

グラノーラとオートミール比較

■グラノーラ
ロールドオーツ(燕麦の押麦)を主とした、麦や、玄米、とうもろこしなどの穀物加工品と、ココナッツ、ナッツなどを、蜂蜜などのシロップ、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの。

出典: ja.wikipedia.org

■オートミール
籾殻(もみがら)を脱穀した燕麦(エンバク)を調理しやすく加工したものである。
アングロアメリカでは燕麦を押しつぶすかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。また、粥状に調理したものを指す。それ以外の英語圏では燕麦を挽いた粉製品を意味する。

出典: ja.wikipedia.org

つまり…
オートミールにドライフルーツやメイプルシロップを混ぜて焼き上げたのが「グラノーラ」。
「オートミール」は味なしグラノーラっていうことか!

ちなみに、グラノーラのあとには「ミューズリー」が流行るらしい

ミューズリーはグラノーラと同じくシリアルの一種で、グラノーラと異なりそれ自体に味がついていないので、より素材の味が楽しめ、甘みを加えていない分ヘルシーなのが特徴です。

出典: m3q.jp

ミューズリーは本来、「調理しない」エン麦などの穀物やナッツ、ドライフルーツを混ぜ合わせたもののことをいいます。混ぜ合わせる際も砂糖などは入れないか、もしくは入れても少しだけです

出典: nzlife.net

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

あれすーぱ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう