ライター : TAMA39

若いチーズ「ブラッターチーズ」とは

「ブラッターチーズ」とは、モッツァレラチーズを巾着状にして、中に細かくしたモッツァレラチーズと生クリームを入れる、イタリア産のフレッシュチーズのことを指します。まだあまりメジャーではないですが、チーズ好きにはかなり熱烈なファンも多いという絶品チーズですよ!

名前の由来

ブラッターチーズの原産国はイタリアで、もちろん「burrata(ブッラータ)」はイタリア語です。これは「バターのような」を意味するイタリア語、「buttered」語源です。中に入ったクリームが、バターのように濃厚な味わいを楽しめるのが名前の由来とされています。

ブラッターチーズの歴史

チーズの古い歴史を考えれば、ブラッターチーズは最近のチーズと言えます。イタリアのプーリア州で1920年頃に作られたのが始まりだとされています。

初めは生産者とその近所の人たちだけにしか知られていませんでしたが、1950年頃にモッツァレラチーズを作ったときの余りを有効利用できる方法として広まっていきました。こうして徐々にブラッターチーズが知られるようになったのです。

ブッラータチーズおすすめの食べ方

まずはそのまま常温で!

ブラッターチーズはフレッシュチーズなので冷蔵庫で保存しますが、食べるときは一度常温に戻すのがおすすめです。冷えていてもおいしいですが、常温だとより濃厚なミルクの風味を感じることができるんですよ。

ブラッターチーズはくせがなく食べやすい味のチーズです。中にクリームが入っていることで、よりクリーミーさやミルクの味を感じることができます。まずは何もつけたりかけたりせずに、そのままナイフとフォークで食べるのがおすすめです。

オリーブオイルをかけて

シンプルかつ味の変化をつけたいときはブラッターチーズにオリーブオイルをかけるのがおすすめ。粗挽き黒こしょうを少しかければ、味が引き締まりますよ。

オリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルのように少し高級なものを使ってみましょう。香りが高く、ブラッターチーズそのものの味も引き立ててくれますよ。できれば粗挽き黒こしょうをかける前に、ひと口食べてみてくださいね。

編集部のおすすめ