ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

バターが体に悪いと言われるわけ

バターは100gあたり700kcalと、カロリーが高い食品です。また、バターに含まれる脂肪酸のうち約7割が「飽和脂肪酸」とされ、摂り過ぎると血中総コレステロールの増加につながります。

そのような理由から、バターが体に悪いと思われがちですが、あくまでも食べ過ぎた場合です。適量を食べる分には問題ありませんよ。(※1,2)

バターとマーガリンの違い

見た目や使い方が似ているバターとマーガリンの違いは、原料や製法、栄養価などです。バターは牛乳から乳脂肪を集めて作られ、マーガリンは食用油に乳成分や食塩などを加えて作られます。

バターは乳脂肪が原料のため、クリーミーで濃厚。バターの風味を活かした料理やお菓子作りに役立ちます。一方でマーガリンは、バターよりあっさりとしているのが特徴です。(※3)

バターの食べ過ぎによる体への影響4つ

体への影響

  1. 胸焼け(吐き気)をおこす
  2. 腹痛や下痢をおこす
  3. 肥満につながる
  4. さまざまな病気リスクが増加する

胸焼け(吐き気)をおこす

バターのような脂肪分が高いものの食べ過ぎは、胸焼けの原因のひとつです。脂っぽい食事は胃の滞留時間が長くなり、胃酸が出続ける状態に。そのため胃の不快感を感じやすくなります。

また、バターだけに限らず、食べ過ぎや飲み過ぎは胃腸に負担をかけるため、食事のバランスや適量を守ることが大切です。(※4,5)

腹痛や下痢をおこす

脂っこいものの食べ過ぎによって消化不良をおこすと、下痢につながるおそれが。特にバターは消化しにくい食品で、50gを消化するのに12時間かかると言われています。

バターをはじめ、脂肪分の多いものは食べ過ぎないよう注意しましょう。(※6,7)

肥満につながる

前述したように、バターは100gあたり700kcalと高カロリーな食品です。バターを食べるだけで太るわけではありませんが、一日に消費する以上にカロリーを摂ってしまうと、体脂肪として蓄えられ肥満につながるおそれがあります。

ちなみに、バター大さじ1杯(約12g)で84kcal、小さじ1杯(約4g)で28kcalです。バターを多く使いがちな方は計量するようにしましょう。(※1,8,9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ