ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

栗を食べ過ぎると太る?

栗には糖質が多く含まれており、食べ過ぎると太る場合があります。また、体調に影響を及ぼすおそれが。とはいえ、これから紹介するデメリットはあくまでも栗を食べ過ぎた場合に起こり得ること。適量を守って食べるときには心配する必要はありませんよ。(※1)

栗の食べ過ぎによるデメリット

栗を食べすぎると

  1. カロリー過多で太る
  2. 下痢や腹痛をおこす
  3. 便秘になる
  4. 肌荒れを起こす(ニキビ)

カロリー過多で太る

ゆでた栗のカロリーは100gあたり152kcal、糖質は30.1gです。栗を食べるだけで太るわけではありませんが、栗を食べ過ぎて摂取したカロリーが消費しきれない場合、体重が増えるおそれが。

また、栗に豊富な糖質を過剰摂取すると、肥満の原因になるため注意が必要です。(※1,2,3)

下痢や腹痛をおこす

ゆでた栗100gあたりには食物繊維が6.6g含まれています。食物繊維は整腸作用がある栄養素ですが、過剰に摂ると下痢をはじめとする便通トラブルが起こるおそれが。

栗に多く含まれる食物繊維は消化が悪いため、下痢になったら栗を食べるのは控え、腸への負担を減らしましょう。(※3,4,5)

便秘になる

栗に豊富な食物繊維を過剰摂取すると、下痢でなく便秘を引き起こす場合も。栗に多く含まれる不溶性食物繊維には、便のカサを増やす作用があるためです。本来は便通を促すのに役立つはたらきですが、過剰に摂ると便が大きくなったり、固くなったりして便秘になるおそれがあります。(※4)

肌荒れを起こす(ニキビ)

栗にはビタミンB群やビタミンE、食物繊維などの肌荒れ対策に役立つ栄養素が含まれていますが、糖質が多いため摂り過ぎには注意が必要。高脂質・高糖質な食生活を続けると、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができやすくなることがあります。

とくに外食をする機会が多い方は気を付けましょう。(※6,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ