ライター : SALT

管理栄養士

病院勤務を経て、現在は専門学校の講師として栄養士を目指す学生の育成に携わっています。身体の内側からキレイになる為のインナービューティー栄養学やお料理の技術アップに必要な知識…もっとみる

栗の栄養と効果効能について

食物繊維

栗には100gあたり、食物繊維が4.2g含まれています。

食物繊維は、人が持つ消化酵素では分解できず、消化・吸収されません。しかし腸内でプレバイオティクスとして利用され、腸内環境を整える手助けをしています。そのほか、便秘を対策したり血糖値の急激な上昇を抑えたりなど、さまざまな作用があるため、積極的に摂りたいですね。(※1,2,3)

ビタミンB1

栗には100gあたり、ビタミンB1が0.21mg含まれています。

ビタミンB1は、糖質の代謝を促し、エネルギーを作る助けをしています。脳は糖を主な栄養源としているため、その正常なはたらきにも関与するビタミンです。また、皮膚や粘膜を丈夫にする作用もあります。

しかしビタミンB1は、水溶性のビタミンであり損失しやすい栄養素のため、調理に工夫が必要です。(※1,4)

ビタミンC

栗には100gあたり、ビタミンCが33mg含まれています。

ビタミンCは体内のコラーゲン合成に関わり、骨や腱、皮膚の健康維持を助けています。また抗酸化作用があり、さまざまな体の不調に対する抵抗力を強くします。

本来ビタミンCには加熱により壊れやすいという性質が。しかし、栗に含まれるでんぷんによって、損失がほとんどないという特徴があります。(※1,5)

カリウム

栗には100gあたり、カリウムが420mg含まれています。

カリウムはナトリウムの排泄を促進させ、血圧の上昇を抑えています。ナトリウムとともに細胞の機能を支え、心臓や筋肉の収縮にも関与している、生命活動の維持に必須のミネラルです。特に野菜や果物に多く含まれていますよ。(※1,6)

タンニン

タンニンは栗の渋皮に含まれるポリフェノールのひとつで、抗酸化力があります。特有の渋み、苦味があるのが特徴です。

渋みや苦味が食材の風味になり、有効成分でもあるので、調理では上手に生かすことが必要ですね。一方、鉄吸収を妨げる性質があるので、鉄分が不足しがちな場合は渋皮を剥いて使用するほうが良いでしょう。(※1,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS