ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

えびの食べ過ぎは体に悪い?

刺身や寿司として生のまま食べたり、ソテーやフライにしたりとさまざまな調理法があるえび。適量を食べるときには問題がないものの、えびを過剰摂取すると体に影響が出るおそれが。えびを食べ過ぎるとどんなデメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

えびの食べ過ぎによる体への影響5つ

体への影響

  1. 痛風のリスクが増加する
  2. 腹痛や下痢をおこす
  3. 気持ち悪い・吐き気をもよおす
  4. アレルギーをおこす
  5. 食中毒のリスクがある

痛風のリスクが増加する

えびは痛風のリスクを高めるプリン体が多く含まれています。本来プリン体は尿酸として排泄されますが、体内で過剰になると尿酸値が高くなったり、痛風を引き起こしたりします。

えびのなかでもプリン体が多いのは大正えびで、100gあたりの含有量は約273mg。尿酸値が高い方は注意しましょう。(※1,2,3)

腹痛や下痢をおこす

えびに限らず、食べ過ぎは消化不良を引き起こし、下痢につながるおそれがあります。とくにえびの殻には、キチンやキトサンという食物繊維が多く含まれている点に注意。食物繊維が多い食べ物は消化されにくいので、胃腸の調子が悪いときはえびの殻を食べないようにしましょう。(※4,5,6)

気持ち悪い・吐き気をもよおす

食べ過ぎると胃に負担がかかり、胃もたれや吐き気につながるおそれが。また、えびを食べて吐き気を感じる場合は、食べ過ぎのほかに食物アレルギーや食中毒が原因となっていることもあります。吐き気や気持ち悪さが治まらない場合は、病院を受診してくださいね。(※7,8,9)

アレルギーをおこす

毎日同じものを食べ続けていると、腸に抗体ができてアレルギーを発症するケースがあります。えびを食べた後に体調不良になるが、えびを食べないようにしたら体調がよい……という場合は、アレルギーを起こしているおそれが。また、えびアレルギーは大人になってから発症することが多いと言われています。(※10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ