6. バンバンジーならぬ!バンバンエリンギ

Photo by macaroni

食べるまでエリンギとはわからないかも?きゅうりとたっぷりのごまだれでボリューム満点ですが、肉の代わりにエリンギを使うのでとてもヘルシー。カロリーが気になる方にもおすすめなおかずです!

7. 作り置きに!たっぷりきのことピーマンの甘辛炒め

作り置きしておけばサッと使える!甘辛い味にピーマンとエリンギがクタクタの食感でやわらかく、きのこがたっぷりと食べられるひと品。余ったときは炊き込みごはんにするのがおすすめ。きのこの旨味が出ておいしいですよ。

8. 箸休めに食べたい。しめじとエリンギの浅漬け

Photo by macaroni

5分でできるピリうま浅漬け。エリンギ、しめじ、しいたけとたっぷりきのこを使うので食感が楽しく、ヘルシーな仕上がりに。作り置きしておくと、ごはんの箸休めにもお弁当の隙間埋めにも大活躍してくれますよ。

9. キャベツをちぎるだけ!エリンギと野菜のスープカレー

キャベツ、トマト、エリンギ、鶏むね肉など具材たっぷりの朝にピッタリのやさしいスープです。カレー味なのでお子さんでも食べやすい味わいに。塩麹で揉み込むことで、硬くなりがちな鶏むね肉もやわらかく食べることができますよ。

10. ごま油香る!塩だれエリンギ

ごま油が香るねぎ塩だれとエリンギが合わさり絶品!ごはんのお供にもなりますが、しっかりと味がついているので厚揚げや肉の上にのせるのもおすすめ。麺類のトッピングとしても使える、アレンジの効く万能おかずです。

エリンギはレンジでサッと加熱してたっぷり食べよう!

この記事でご紹介したレシピを使えば、主菜からごはん、スープまで電子レンジで簡単に献立が完成。エリンギはきのこのなかでもクセがなく食べやすい品種なので、野菜や調味料と合わせてさまざまなシーンで楽しむことができます。バンバンジーやねぎ塩チキンなどの肉の代わりにエリンギを使えばヘルシー料理にもなります。

エリンギは生ではなく、しっかりと加熱して食べることが大切です。電子レンジを活用し時短でサッと加熱し作りましょう。
【参考文献】
(2022/04/22参照)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ