ソースではなく塩をつける

100gあたりのカロリーは、ソース117kcal、食塩0kcalです。塩のほうがカロリーが低いため、カロリーダウンできます。カレー塩や抹茶塩、ペッパー塩などお好みでアレンジすると、マンネリ化せずに楽しめますよ。(※18,19)

ダイエット中にイカフライを食べるときの3つのコツ

野菜と一緒に食べる

食事をすると血糖値が急激に上昇し、大量のインスリンが分泌されます。インスリンは脂肪の合成を促進するため、余分な血糖は脂肪として蓄えられてしまうことに……。

血糖値の上昇を緩やかにするために大切なのは、野菜を一緒に食べることです。食物繊維が多く含まれており、血糖値の上昇を緩やかにするはたらきがあります。さらに食べる順番は、野菜からにするのがおすすめですよ。(※20)

レモンを絞る

レモンを絞るメリットは、さわやかな酸味が油っこさをやわらげてくれることのほかに、栄養成分にもよい点がいくつかあります。ダイエット中、とくに注目したい成分は、ビタミンCとクエン酸。ビタミンCは脂質代謝に関わる栄養素で、クエン酸は、食べ物をエネルギーに変えるために必要な成分です。どちらもイカフライをスムーズに消化吸収するために欠かせない栄養素ですよ。(※21,22,23)

よく噛んで食べる

ゆっくりよく噛んで食べると、満腹感が得られて食べ過ぎ対策に役立ちます。唾液中の消化酵素の分泌がよくなり、消化吸収を助けるはたらきも。さらに、食べ物をよく噛んでじっくり味わうことで、味覚の発達にもつながりますよ。(※24)

カロリー控えめ!イカフライのレシピ

1. オーブンで作るイカフライ

フライパンできつね色になるまで炒めたパン粉を、イカフライにつけてオーブンで焼きます。揚げるよりも少量の油で済むため、カロリーカットが可能です。油はねの心配がないので、料理初心者さんも安心して作れますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ