ペットボトルの緑茶にもダイエット効果はある?

※画像はイメージです
急須で淹れる緑茶とペットボトルの緑茶では、抽出方法が異なり、栄養成分にも違いがあります。ペットボトルの緑茶よりも、急須で淹れたほうが旨み成分であるアミノ酸やカテキン、ポリフェノールの量が多いことがわかっていますよ。

緑茶がダイエットに役立つとされているのは、血糖値の上昇を抑えたり、脂質代謝を高めたりするカテキンの作用によるもの。ペットボトルの緑茶にもカテキンは含まれていますが、よりダイエットに活かしたい方は、急須で淹れた緑茶を取り入れるのがおすすめです。

なお、ペットボトルのなかでも高濃度茶カテキンの緑茶を選ぶと、手軽にカテキンを摂取できますよ。(※2,14,15)

ダイエット中に緑茶を飲むときの注意点

ダイエットに役立つからといって、極端に緑茶を飲み過ぎるとカフェインの摂り過ぎにつながるほか、緑茶に含まれるタンニンにより、鉄の吸収が悪くなるおそれがあります。特にダイエット中は、食事量が減ることで鉄不足になりがち。貧血ぎみの方は注意が必要です。

また、脂質代謝を高めるカテキンの作用による体脂肪や体重などの減少は、BMIが25以上の肥満体重の人で有意にみられています。一方、BMI18.5~25の普通体重の人ではみられにくかったとの報告があります。必要以上のダイエットは避けてくださいね。(※1,11,16,17,18)

ダイエットのサポートに緑茶を取り入れよう

緑茶に含まれるカテキンには、ダイエットに役立つ作用が認められています。継続的にカテキンを摂ると、脂質代謝を促して消費エネルギーが高まったり、血中中性脂肪の上昇を抑えたりするはたらきが期待できます。

ダイエットに活かすには、急須で濃いめに淹れた緑茶がおすすめ。食前に飲むと血糖値の上昇をゆるやかにし、脂肪の蓄積を抑えられますよ。手軽に取り入れたい方は、ペットボトルの高濃度茶カテキン緑茶を選んでみてくださいね。いずれも継続することが大切なので、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか?
【参考文献】
(2022/04/11参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ