ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

バターコーヒーを飲んだだけで痩せるわけではない

この記事ではバターコーヒーダイエットのやり方について解説しますが、バターコーヒーを飲むだけで痩せるとは限りません。効率よく体重を減らすには食事のカロリーを調整したり、運動を継続したりする必要があります。バターコーヒーだけに頼らず、基本的なダイエット方法を意識してくださいね。(※1)

バターコーヒーダイエットとは?

バターコーヒーとは

バターコーヒーとは、コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを加え、ミキサーでしっかり混ぜ合わせて作る飲み物のこと。さまざまなメリットが期待でき、考案者であるシリコンバレーの起業家が「完全無欠コーヒー」と称するほどです。クリーミーな味わいで、1杯飲むだけでも満足感を得られます。

一般的なバターコーヒーダイエットのやり方

バターコーヒーダイエットは、朝食をバターコーヒーに置き換えるのが一般的な方法です。簡単なやり方ではありますが、朝食では炭水化物・たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂るのが理想的。バターコーヒーだけでは摂取できない栄養があるため、注意が必要です。(※2,3)

管理栄養士おすすめのやり方

バターコーヒーダイエットをおこなうなら、栄養バランスのよい朝食にバターコーヒーをプラスするのがおすすめ。ブラックコーヒーや紅茶などの飲み物と置き換えるだけなので手軽です。

また、間食代わりにバターコーヒーを飲むのもひとつの手。ご自身の食生活に合う方法で試してみてくださいね。

バターコーヒーのダイエット効果3つ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ