ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

緑茶を飲むだけでやるわけではない

この記事では、ダイエットに活かせる緑茶の効能や飲み方をお伝えしますが、緑茶を飲むだけでやせるわけではありません。

ダイエットの基本は、食事から摂るエネルギーよりも、体を動かして消費するエネルギーを増やし、減量を目指すことです。そのため、食生活の見直しや、意識して体を動かすようにするのが大切です。また、食事の代わりに緑茶だけを飲むような極端な制限は、健康を損なうおそれがあるので避けてくださいね。

それでは、緑茶のダイエットに役立つ作用をみていきましょう。(※1)

緑茶に期待できるダイエット効果3つ

1. コレステロール値の低下

緑茶に含まれるカテキンには、食事中のコレステロールの吸収を抑えるはたらきがあります。また、コレステロールの排出も促すため、血中コレステロールの低下につながりますよ。

血中コレステロールが高い人を対象にした実験で、通常の緑茶より3倍ほどカテキンを含む飲料を一日2回飲み続けたところ、約2か月後から血中コレステロールが低下していくとの報告が。

このように、カテキンには悪玉とされるLDLコレステロールを減らす作用が期待できますよ。(※2,3)

2. 血糖値の上昇を抑える

緑茶に含まれるカテキンには、食後血糖値の上昇を抑えるはたらきがあります。

ごはんやパンなどの糖質を多く含むものを食べると、血糖値が上昇し、上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンには、血糖値を下げるほか、糖質を脂肪としてため込む作用があるんです。

血糖値が急激に上がるほど、インスリンが過剰に分泌され脂肪の蓄積を促します。緑茶を飲むと血糖値の上昇がゆるやかになるため、食前に取り入れるのがおすすめです。(※2,4)

3. 脂質代謝を高める

緑茶に含まれるカテキンを一定量摂り続けることで、肝臓での脂質代謝を促し、消費エネルギーが上がるといわれています。また、食後の消化吸収による消費エネルギーの上昇も期待できるんです。

なお、動物実験においてカテキンを含むエサを摂取すると、脂質の吸収が抑えられるとともに、排出を促す作用が確認されています。それにより血中の中性脂肪の上昇を抑えられることがわかっていますよ。(※2,5)

ダイエット効果以外も!緑茶の栄養と効能

リラックス作用をもたらす「テアニン」

緑茶特有の成分で、アミノ酸の一種のテアニンには、脳をリラックスさせる作用があります。ヒト対象試験において、テアニンを摂取するとα波の増加が確認されています。α波は、リラックス状態をあらわす脳波です。

また、テアニンには疲労回復感が高めたり、起床時の眠気を緩和したりする作用もあります。(※6,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ