緑茶の効果がすごい!手軽に飲みたいなら「粉末緑茶」がおすすめ

今回は、日本茶の代名詞「緑茶」の効果効能についてご紹介します。急須で丁寧に淹れた緑茶もおいしいですが、手軽に楽しめる「粉末緑茶」もおすすめですよ。ホッとひと息つく際のお供に、これからは緑茶を選んでみませんか?

日々の生活に取り入れたい「緑茶」

高濃度の茶カテキン飲料がトクホになって以来、日本人になじみ深い緑茶の健康効果が改めて注目されるようになりました。その流れも後押しになって、おやつの時間や食後、急須で緑茶を入れてリラックスに当てている人、少なくないと思います。

緑茶はカテキンやミネラル、ビタミンCなどさまざまな栄養を含んでおり、その効能も美容面から健康面まで、幅広く期待されています。落ち着いた味わいにホッとひと息つきながら、健康・美容のサポートにもなる緑茶、改めて本当に魅力的です。

それでは、緑茶の主な効果効能をお話ししていきましょう。

女性に嬉しい緑茶の効果効能

ダイエット効果

緑茶の代表的な成分「カテキン」は、ポリフェノールの一種です。カテキンは、エネルギー産出に関係している「ミトコンドリア」という器官に働きかけ、酵素を活性化させることにより、脂肪燃焼を促す作用が認められています。

これは実験でも分かっており(※1)、継続的にカテキンを摂取する必要があるため、日常的に緑茶を摂取することが効果的な飲み方とされているんです。

美肌効果

緑茶(特に煎茶)には、実はビタミンCが豊富に含まれているんです。ビタミンCが持つ抗酸化作用は、老化の原因になる活性酸素を除去する効果があり、たるみやシミの対策に役立ちます。また、皮膚や粘膜のコラーゲン形成を助けて、美しい肌作りをサポートしてくれます。(※2)

便秘対策

緑茶に含まれるカテキンには、強い殺菌作用が認められています。このカテキンが腸内に届くと、殺菌作用により悪玉菌が除去され、腸内環境を整えることにつながるのです。また、カテキンは善玉菌を増やす働きもあるので、より効果が期待できますよ。(※3)

お茶は何千年も前から薬としても扱われ、熱のあるとき、頭やのどが痛いときにも効果的です。

風邪対策

わたしたちが吸い込んだ細菌は、体内の細胞にくっつくことで威力を発揮し、風邪などの発症につながります。カテキンには、細菌がそもそも細胞にくっつくのを防ぐ作用があり、風邪対策に効果的とされています。(※4)

この作用は、風邪菌だけでなくインフルエンザウイルスなどにも発揮されるため、日常的に緑茶を飲んで対策をするのがおすすめ。薄めた緑茶でうがいをするのも効果的ですよ。(※4)

効率よく効果を得るなら「粉末緑茶」がおすすめ

「毎日緑茶を飲もう」と言っても、わざわざ急須に茶葉を入れてお湯を沸かして……という作業は、意外と面倒ですよね。そこでおすすめしたいのが「粉末緑茶」。名前の通り、緑茶を粉末状にしたものです。

お湯を注ぐだけで飲めるという、インスタントコーヒーのような手軽さで、生活に取り入れやすいですよ。

粉末緑茶、粉茶、抹茶の違い

粉末緑茶と聞いて、「粉茶?」「抹茶?」と思った方も多いはず。確かに粉状のお茶といえば、そのふたつも連想しますよね。ここからは、3つの違いについてご説明します。

粉末緑茶

粉末緑茶は、完成した煎茶を粉末状にしたものを指します。煎茶は急須であれティーバッグであれ、お湯に抽出して飲みますが、粉末緑茶はパウダー状なので丸ごといただけます。スイーツや料理に加えるなど、幅広く使用できることがメリットです。

粉茶

粉茶は、茶葉を「葉」と「茎」に切り分けるときに出る「粉」を集めたもので、「出物(でもの)」とも呼ばれています。それほど手間がかからない分、安価に購入でき、緑茶の濃い色が見た目にも鮮やか。味も濃厚です。

ただし、粉末ではあっても茶葉の状態なので、お湯に溶けません。網目の細かい急須に入れて飲むか、茶こしを使って飲みます。

抹茶

特集

SPECIAL CONTENTS