ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

ダイエットをする前に。太る原因をチェック

糖質や脂質の摂りすぎ

太る原因のひとつが、過剰摂取すると中性脂肪として体内に蓄えられる糖質。糖質はごはんやパン、麺類などの主食のほか、甘いものやスナック菓子に多く含まれています。食事を丼料理や麺料理だけで済ませたり、間食が多かったりすると、糖質の摂り過ぎにより太るおそれが。

また、脂質の摂り過ぎも肥満の原因になります。高脂質な肉類や揚げ物が好きな人は、注意が必要です。(※1,2)

運動不足

そもそもなぜ体重が増えるのかというと、食事から摂るエネルギー量が運動で消費するエネルギー量を超えるためです。運動不足によって消費エネルギーが減ると、太りやすくなります。

スポーツや散歩をする習慣がない、普段車で移動することが多い、デスクワークで座っている時間が長い……などの心当たりがある方も多いのではないでしょうか。(※3,4)

基礎代謝の低下

食事量や運動量は変わっていないのに、昔より太りやすくなったという方は、基礎代謝が低下しているかもしれません。基礎代謝とは安静時に消費されるエネルギー量のことで、心臓をはたらかせたり、体温を維持したりするために使われます。

基礎代謝が低下する原因は、加齢や筋肉量の減少、不規則な食生活など。基礎代謝が低いと消費カロリー量が減るため、太りやすくなるおそれがあります。(※4,5)

ランキングで紹介!ダイエット中におすすめの食材

7位:主食の糖質を抑えられる「オートミール」

前述したように、過剰摂取すると肥満の原因になる糖質は、ごはんをはじめとする主食に多く含まれています。えん麦の加工品であるオートミールは米や小麦粉より低糖質なため、主食と置き換えることで糖質オフにつながります。

ごはん1杯分(150g)の糖質量が53.4gであるのに対し、オートミール1食分(30g)の糖質量は17.9g。1食あたりの糖質量を約1/3に抑えられますよ。(※1,6,7)

6位:筋肉作りに役立つ「鶏肉」

鶏肉にはアラニンやアルギニンなどのアミノ酸が含まれており、筋肉作りに役立ちます。基礎代謝をアップするには、筋肉量を増やすのがポイント。筋肉トレーニングをおこなうほか、筋肉の材料となるアミノ酸の摂取が大切です。

とくにダイエット中におすすめな部位は、低カロリーな鶏ささみ。100gあたりのカロリーが98kcalと、皮付きの鶏もも肉の約1/2です。(※4,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ