さらにおいしく仕上げるコツ

Photo by akiharahetta

30分煮込んだあとは、そのまま食べても良いですが、ここでさらにおいしく仕上げるコツがあります!

火を消したら、そのまま30分置くだけ。よりタレが染み込み、味が定着します。時間がある場合は、お試しください。

豆腐なのに主役の貫禄。簡単にごちそうの完成

Photo by akiharahetta

よく味の染みた豆腐はとろとろでほどよい食感。かつおだし、さつま揚げ、牛脂……と魚系と動物系の旨みがミックスされており、コクがあります。甘さは控えめでサラッといただけるのに、滋味深いですね。

なにより豆腐がまるまる1丁のった姿は迫力があり、食卓の主役らしさが醸し出されています。豆腐を使って、まさかこんなに食べごたえのある料理ができるとは……。

調味料の数は少し多いけれど、実際に作ってみると手順は簡単なのもうれしいポイントです。手の凝ったことはしたくないけれど、いつもと違う献立にしたいというときに役立つはずですよ。

とうめしをおいしく作るためのポイント

  1. 絹ごし豆腐を使う
  2. 火加減は極弱火
  3. 旨み食材を加える
  4. ごはんは硬めに炊く
取材協力
取材・文/有竹亜季
豆富食堂の店舗紹介はこちら▼
豆腐のおすすめレシピはこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ