材料(1人前)

Photo by akiharahetta

調理時間:30分

・絹ごし豆腐……1丁
・米……1合

〈タレ〉
a. さつま揚げ……1枚
a. しょうがスライス……5g
a. 牛脂……5g
a. かつおだし……300cc
a. みりん……87cc
a. 酒……50cc
a. 丸大豆しょうゆ……大さじ2杯強
a. 牡蠣しょうゆ……大さじ1杯強
a. 砂糖……小さじ1杯強

〈トッピング〉
・あげ玉……適量
・山椒……少々

作り方

1. 豆腐を水切りする

Photo by akiharahetta

豆腐の封を開け、余分な取り除いてから水切りします。トレーやバットなどの平らな容器にキッチンペーパーを敷き、豆腐をそっとのせます。キッチンペーパーは数枚重ね、そのまま30分置きます。

同時に炊飯器のスイッチオン、ごはんは通常よりも水を少なめにして硬めに炊きます。

2. タレを合わせる

Photo by akiharahetta

水切りをしている間に、鍋に(a)を入れていきます。

小鍋で充分ですが、豆腐が入ると倍量になるため、ある程度余裕のあるサイズにしましょう。ちなみにストウブ鍋16cmを使ったところ、ジャストサイズでした。

3. 豆腐を煮る

Photo by akiharahetta

30分経ち、豆腐の水切りができたら、いよいよ煮ていきます。豆腐の取り扱いに気を付け、そっとやさしく鍋に入れます。

豆腐を入れたら保温くらいの極弱火にかけ、じっくり30分、味が染み込むまで煮込みます。時間が経ち、豆腐が茶色く色づいたら火を止めます。

4. 硬めに炊いたごはんにのせる

Photo by akiharahetta

硬めに炊いたごはんを茶碗によそい、豆腐をのせます。ここからが最大のキーポイント!豆腐を崩さないよう鍋から取り出します。

両手にターナーを持ち、ひとつは豆腐の底をすくうようにし、もうひとつは豆腐にそえて支えるようにすると上手にできます。

5. 仕上げのトッピングをする

Photo by akiharahetta

最後に、お好みであげ玉と山椒をトッピングして完成。取り出すときに多少崩れても、このトッピングで隠すこともできます。

味を足す役割だけでなく、見た目も綺麗に仕上げてくれます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ