モンブラン

Photo by オミ

600円(税込)
「モンブラン」は、細くて繊細なマロンクリームで飾られています。ブランデーの風味がふわっとする濃厚なマロンクリームは、生クリームやメレンゲと一緒に食べると、さらにおいしく融合されるよう♪

土台がヘーゼルナッツのメレンゲなので、軽すぎず、絶妙な具合で主張してくるところがおもしろいモンブランです。

(イートイン、テイクアウト可能)
店舗情報

【3位】さわやかクリームのモンブラン「サロン・ド・ロワイヤル 京都」(京都市役所前)

Photo by オミ

「Salon de Royal Kyoto(サロン・ド・ロワイヤル 京都)」は、1935年創業のショコラティエ。2022年3月現在は、ボンボンショコラや美しいケーキが並ぶパティスリーと、高級レストランのようなインテリアが印象的なサロンを併設しています。

鴨川沿いにあり、夏は京都の風物詩 納涼床でおいしいお菓子やドリンクを楽しむことができますよ。

モンブラン

Photo by オミ

550円(税込)
てっぺんに金箔をのせた「モンブラン」は、お店の人気メニューのひとつです。下から、パイ生地、メレンゲ、バニラクリームが重なり、マロンクリームには和栗と洋栗を使用しています。

バニラクリームとメレンゲにレモン風味が感じられるため、マロンクリームが濃厚でも全体としてさわやかな味わいが印象的です♪

(イートイン、テイクアウト可能)
店舗情報

【2位】栗本来の旨味を味わうモンブラン「万治カフェ」(祇園四条)

Photo by オミ

祇園の裏道に佇む「万治カフェ」は、先代の生家をリノベーションしたカフェです。先代は、有名なお茶屋「一力亭」から分家した「万じさん」と呼ばれ親しまれた方だそうですよ。

店内へは、靴を脱いで上がります。テーブル席とカウンター席があり、石灯篭のある素敵な中庭を眺めながら、時間を忘れてゆったり過ごせる空間です。2階はギャラリーとして利用できます。

出来たてモンブラン セット

Photo by オミ

1,320円(税込) 770円(税込)のドリンク付き
「出来たてモンブラン」を食べると、まるでゆでた栗をそのまま口にしたような、栗本来の甘さが口いっぱいに広がります。香りも濃厚。

中は、大き目のメレンゲと生クリームで構成されています。サックリ甘いメレンゲと甘さのほとんどない生クリーム、そして濃厚なマロンクリームの相性が抜群!それぞれのおいしさを活かしつつ、全体としてクオリティー高くまとめ上げられたモンブランです。

(イートインのみ)
店舗情報

【1位】驚きと幸せを運ぶモンブラン「和栗専門 沙織」(河原町)

Photo by オミ

「和栗専門店 沙織」では、細さ1mmの錦糸モンブランをできたてでいただけます。大人気のお店で、休日は整理券をもらったあとも入店まで数時間かかることも。

最高級丹波くりのみ使用する「紗(さ)」や、国産和栗を使用する「絽(ろ)」、季節の果物に錦糸モンブランを盛りつけるパフェなどが人気です♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ