ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

京都で話題のモンブランからおすすめを厳選

Photo by オミ

京都市内には、話題のモンブランが食べられるパティスリーやカフェがたくさん。日本らしい栗を使ったケーキは、京都の町にしっくり合いますよね。

近頃のモンブランは、軽く焼き上げたメレンゲを合わせたものが一般的。しっとりしたマロンクリームとサクッとしたメレンゲの、異なる食感の組み合わせが特徴です。どのお店も、栗にこだわったりメレンゲにこだわったり、個性が光ります。

栗特有のほっくりやさしい味わいを活かした絶品モンブラン。ぜひ、京都で召し上がれ♪

【12位】京都の最先端をいくモンブラン「ラウ」(河原町)

Photo by オミ

「これがケーキ?」と目を疑う、斬新で美しいケーキが話題のRAU(ラウ)。パティシエの松下祐介さんと、ショコラティエの高木幸世さんが作り出す、アートのようなお菓子が並びます。ラウで使用するカカオは、南米コスタリカ産オリジナルブレンドの有機カカオのみ。

お店を構えるのは、ホテルやマルシェ、レストランなどが集まる「GOOD NATURE STATION(グッドネイチャーステーション)」です。1階がショップ、3階にカフェを展開していますよ。

ヤマ

Photo by オミ

1,595円(税込)
ラウの「Yama(ヤマ)」は、まっ白いオブジェのようなモンブラン。雲がかかった雪景色をイメージして作られたそうです。てっぺんの雲をあらわす部分は、バニラビーンズに似た芳香を持つトンカマメのムース。ふわふわです♪

全体が厚めのホワイトチョコレートでコーティングされており、ナイフで半分に切り分けると、プラリネクリームがトロリ。マロンムースや和栗のクリーム、マロンバタークリームなどが、おいしさと美しさの層をなしています。

(イートイン、テイクアウトともに可能)

【11位】ふんわりモンブランでカフェタイム「カフェ ビブリオティック ハロー」(京都市役所前)

Photo by オミ

静かな住宅街にある「Cafe Bibliothic Hello!(カフェ ビブリオティック ハロー!)」は、バナナの木が目印。インスタ映えするおしゃれスポットとして、人気のカフェです。

店内は、図書館のようにたくさんの本が並び、自由に読むことができます。併設の「ハローベーカリー」で焼き上げられたパンをいただくことも可能。お客さんが、思い思いにゆっくりと過ごせる雰囲気ですよ。

オリジナルモンブラン

Photo by オミ

700円(税込)
サクっとしたメレンゲの口どけと、マロンクリームの濃厚さを堪能できる「オリジナルモンブラン」。洋酒の風味がほんのり口に広がります。甘さ控えめの生クリームとの相性も良し。コーヒーや紅茶と一緒にいただくと、よりモンブランのおいしさを実感できますよ。

てっぺんにのせられたマロンは、チョコレートコーティングがされています。カリッとしたチョコレートの食感が、とろりとやわらかなモンブランにアクセントを加えてくれますよ。

(モンブランのテイクアウトは不可)
店舗情報

【10位】ほっこりカフェのほっこりモンブラン「菓子・茶房 チェカ」(蹴上)

Photo by オミ

「菓子・茶房 チェカ」は、かわいらしく、ほっこりと落ち着ける空間が広がるカフェです。南禅寺や京都市動物園など人気観光地のすぐ近くにありますが、喧騒を感じない静かな場所。1階はパティスリー、2階がカフェになっています。

2階のカフェには、カウンター席やテーブル席のほか、お座敷もあるので靴を脱いでくつろぐことができますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ