モンブラン

Photo by オミ

572円(税込)
創業当時からこだわりって作られている「モンブラン」。本場パリで食べたモンブランに衝撃を受け、本物の味と京都の上生菓子のような美しさを融合させました。

フォークを入れると、マロンクリーム、生クリーム、スポンジの層をなめらかにすりぬけていきます。真ん中には、シロップ漬けの栗。なつかしいけれど、現代風でもあり、上品でうっとりするモンブランです。

(イートイン、テイクアウト可能)
店舗情報

【6位】アイデア満載の大人デザート「アッサンブラージュ カキモト」(丸太町)

Photo by オミ

「ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ カキモト)」のオーナーシェフは、パティシエでありながらショコラティエであり、キュイジニエでもある人物です。そんなシェフが作り出すデザートは、ユニークで独創的。

デザートを目の前でフランベしたり、ソースをかけて溶かしたり、パフォーマンス性にあふれていますよ。

モンブラン

Photo by @satoru2.yamada

770円(税込) お持ち帰り 756円(税込)
きめの細かいマロンクリームと、やさしい生クリームが特徴の「モンブラン」。サックリしたパイとメレンゲが、ほどよいアクセントを加えます。口どけのバランスも上等。

レモン風味の生クリームと濃厚なマロンクリームが、相性抜群のさわやかなモンブランですよ。

(イートイン、テイクアウト可能)
店舗情報

【5位】京都の超人気パティスリー「グラン・ヴァニーユ」(烏丸御池)

Photo by オミ

「grains de vanille(グラン・ヴァニーユ)」のオーナーシェフは、神戸、パリ、東京の名店で修行を重ねた人物。数々のコンテストにおいて、輝かしい記録をもつ凄腕パティシエです。期待を裏切らない、おいしくて美しいケーキを求めるお客さんが絶えません。

定番のものを作らず、季節感を感じるお菓子を提供してくれますよ♪

モンブラン

Photo by @kissty_rainbow

栗が旬の季節だけしかお目にかかれない「モンブラン」は、注文を受けてからマロンクリームを搾って作ります。厚みのあるメレンゲと軽い生クリーム、そして搾りたての風味高いマロンクリームのバランスが素晴らしいモンブランです。

メレンゲのサックリした食感も味わいのひとつなので、テイクアウトでも30分以内に食べることがおすすめですよ。

(テイクアウト可能、2022年3月現在イートインはお休み中)
店舗情報

【4位】うっとりするおいしさ「プチジャポネ」(四条)

Photo by オミ

タルト系のケーキや焼き菓子を得意とする「PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)」は、素材にこだわり、ひとつひとつ丁寧に作られるケーキが人気のお店。

1階がパティスリー、2階はカフェです。ドリンクメニューが豊富なカフェは、コーヒーや紅茶好きな方も、きっと満足できるはず♪ 小さいけれど、居心地の良いお店ですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ