行列が絶えない大阪「玉製家」。人気のおはぎは箱買いが基本!

大阪・日本橋駅のすぐそばにある和菓子の老舗「玉製家(ぎょくせいや)」は、3種類のおはぎのみを販売しているお店です。すてきなご夫婦がふたりで営んでいる、連日行列が絶えない大人気のおはぎ屋さんを紹介します。

2017年12月1日 更新

老舗「玉製家」のおはぎ

明治32年(1899年)創業で、おはぎだけを販売している老舗の「玉製家」。持ち帰り専用で、特に閉店時間は決まっておらず売り切れ次第終了のため、早めに来店するのがおすすめです。

つぶ餡・こし餡・きな粉の3種類から選ぶことができ、注文を受けてから仕上げをしてくれるので、いつでも出来立てホヤホヤのおはぎが食べられます。絶品おはぎを求めて、近場の方はもちろん、遠方から足を運ぶ人もたくさんいらっしゃいます。

地域に親しまれる「玉製家」

老舗らしいたたずまい

お店は、木のぬくもりが感じられる店構えです。歴史を感じると共に、落ち着いたシックな印象も与えてくれます。街の景観となじんでいて主張が強すぎず、優しい趣ですね。建物の2階には、「おはぎ」の赤い看板があります。混雑時には、お店の前はたくさんの人でにぎわっているので、看板が上の方にあるとお店を発見しやすいですね。

店内も味のある雰囲気

店内はそこまで広くなく5人ほど入るといっぱいになってしまいます。ショーケースの中には、おはぎが並べられているのではなく、個数と値段が書かれた箱がいくつかディスプレイされています。

経営しているご夫婦の奥さんがメニューを聞いてくれ、丁寧に接客をしてくれます。梱包も奥さんの担当だそうです。おはぎの最後の仕上げなどの工程は、全て旦那さんの担当という役割分担になっています。ふたりで協力し合っていてすてきなご夫婦ですね。

おはぎは箱買いが基本

ちょっと特殊な注文方法

こちらのおはぎは、1つから買えるのではなく、「〜個入り」と箱に詰める全体の個数を選んでから、おはぎの組み合わせを注文する形になっています。6個入り〜10個入りまでは2種類のおはぎしか選べません。3種類全てを選びたい場合は、15個入りからになるのでご注意ください。自前のタッパー持ち込みで対応もしてくれます。

6個入りは、907円。8個入りは、1117円。10個入りは、1397円。15個入りは、2094円のお値段となっています。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう