ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

冬はホットワインで温まろう。電子レンジなら即席で簡単♪

スパイスやフルーツを入れるのが定番のホットワイン。各国で愛されているホットドリンクで、グリューワインやヴァンショー、モルドワインなど、呼び方はさまざま。寒さで震えながらも香りのよいホットワインを飲む時間は、冬らしさを感じ、なんだか特別感がありますよね。

鍋で作るホットワインレシピが多いですが、じつは電子レンジでも十分おいしく作れるそう。この記事では料理研究家の植松良枝さんに、電子レンジで簡単に作れるレシピを3つお聞きしました。意外と奥深いホットワインの世界、アレンジやおいしく作るコツも必見です。

Photo by mio gohda

料理研究家/植松良枝さん
季節を食や生活に取り入れながら暮らすスタイルが人気。野菜を多く使った、シンプルな料理を得意とする。大人気の料理教室「日々の飯事」を主宰。15年前から取り組み始めた野菜づくりは今やライフワークに。2歳児の母でもある。著書に『春夏秋冬ふだんのもてなし』(KADOKAWA)、『春夏秋冬 土用で暮らす』(主婦と生活社)、『ヨヨナムのベトナム料理』(文化出版局)など多数。
植松さんご自身も、ホットワインを冬のテラスやアウトドアで飲んだり、雪の予報が出た日や風邪気味のときなど、ほっと温まりたいときに作ったりすることが多いそう。

「ホットワインには寒い空気が似合いますよね。北欧のクリスマスを連想させる飲み物でもあるのでクリスマスシーズンにもぴったり。

あとは、芋煮会やおでん会など冬ならではの会にも日本の甘酒のような立ち位置でお出しすることもありますよ。それくらい、身体が芯から温まり、リラックスできる飲み物だと思います」

それではさっそく作り方を教えていただきましょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの順にご紹介。どのレシピも冬のくだものを必ず使用しているのが特徴です。

1. 赤ワインで作るホットワイン

Photo by 植松良枝

「風邪気味のときや身体を温めてリラックスしたいときには、定番の赤ワインレシピがおすすめ。ご紹介するのは、温かみがある香りのクローブやシナモンと、フルボディ寄りな赤ワインで作るホットワインです。

冬にたくさん出回るりんごとオレンジの組み合わせは、ホットワインの王道。どちらも皮ごと使いますが、特にオレンジは皮の香りが重要です」

材料(2〜3人分)

・赤ワイン……300cc
・オレンジ……1/2個
・りんご(大)……1/4個
・はちみつ……大さじ2〜3杯
・シナモンスティック(小)……1本
・クローブ(ホール)……3粒
「どのレシピにも共通して、ホットワインを作るときは、飲み残しのワインや安価なもので十分です。むしろ、そんな感じで気軽に作るのが良いと思います。

もし購入する場合は、どっしり系の赤ワインをチョイスしてみてください。味が薄まらず、果実味がありつつもコクのあるホットワインが楽しめます。力強く濃厚な『カベルネ・ソーヴィニョン』がおすすめです」

作り方

1. オレンジは皮ごと厚めの輪切りスライス、りんごは皮ごとひと口大にカットする

2. シナモンスティックを2つに折り、耐熱容器にすべての材料を入れる

3. 密閉せずに少し隙間を空けてフタをし、電子レンジ500Wで5〜6分様子を見ながら加熱する

おいしく作るコツ・おすすめのアレンジ

「オレンジ、りんごの皮のワックスが気になる場合は、手に水をつけた状態で、皮に粗塩をすりこみ、研磨剤のようにして洗うとワックスがある程度取れてさっぱりします。スパイスは漬けっぱなしにすると渋みや苦みがでるので、10〜20分くらいしたら取り除きましょう。

オレンジではなく、ゆずやみかんを使えば日本の冬らしいアレンジに。はちみつを甘酒に変えてみると、また違ったやさしい甘さが楽しめます」

2. 白ワインで作るホットワイン

Photo by 植松良枝

「白ワインでホットワインを作ると新鮮な印象になりますね。近年サングリアもフレッシュハーブなどを用いた白いサングリアが人気だとか。

清涼感のあるスパイス、カルダモンとジンジャーをあわせて、ほどよい甘みと爽やかさが楽しめる味わいに仕上げました。冬のくだものである洋ナシは、白のホットワインにぴったりなので手に入れば使ってみてください」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ