赤ワインを料理で消費!煮込みからデザートまで、おすすめレシピ24選

赤ワインは、特にお肉との相性が良いので肉料理によく用いられますが、お肉以外にも赤ワインを使った素敵なレシピがあります。ご飯ものやデザートも含めて、ワインマニアの私が赤ワインを使ったおすすめのレシピを24選、まるっとご紹介いたします。

お肉と相性よし!赤ワインの料理を紹介

赤ワインと言えば、美容によいとされるポリフェノールを豊富に含んでいることで注目されています。しかもお料理に使えば、渋みの成分であるタンニンがお肉を柔らかくする作用があり、肉の臭みを抑えたり抗菌作用もあって、食材の日持ちも良くなるんです。味の面ではコクを深めてくれますし、お料理に活用しない手はありませんね。

今回は、赤ワインを使った定番の煮込み料理やカレー、ちょっと大人の味のデザートレシピまでご紹介します。今日は、豪華な食卓にしてみませんか?

定番!肉×赤ワインの煮込みレシピ8選

1. ハンバーグ~赤ワインソース~

市販のデミグラスソースに赤ワインを加えた、簡単にできるコクのあるソースで煮込みハンバーグを作ります。ひき肉ダネには、スパイスとしてナツメグを入れるのがポイントです。大人が満足できる、深みのある味わいになりますよ。

2. 牛肉とキノコの赤ワイン煮

オリーブオイルで炒めた具材に、デミグラスソースと仔牛の肉や骨から取っただし汁のフォンドボー、赤ワインを使ってじっくりと煮込みます。仕上げに生クリームを加えれば、本格的なおもてなし料理の完成です。

3. 手羽肉の赤ワイン煮

骨付き肉の手羽元は、リーズナブルでうま味たっぷり!

オリーブオイルでほかの具材とともに炒め、市販のデミグラスソースと赤ワインを加えて弱火でコトコト煮込みます。味が馴染んだらマッシュルームを加えてさらに7〜8分煮込み、器に盛ったらサワークリームを添えます。簡単&豪華なメインディッシュのできあがりです。

4. レバーのワイン煮

鍋に赤ワインと調味料、あらかじめ下ゆでしておいた鶏レバーを入れて強火にかけ、煮立ったら落としぶたをして弱火に落とします。ときどき鍋を返しながら、煮汁が少量になるまで焦がさないように煮詰めれば完成です。

5. ドイツ風 牛肉ロールの煮込み

大きめの鍋でベーコンや玉ねぎなどを巻き込んだ牛薄切り肉を強火で炒め、焼き色が付いたら取り出します。同じ鍋に煮込み用野菜とトマトペーストを入れて炒め、赤ワイン・ビーフストックを加えて煮立ったら、牛肉ロールを戻して中弱火でしばらく煮込みます。

残った煮汁でソースを作り、マッシュポテトなどを添えましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS