3. 油で揚げる

Photo by Uli

鍋底から2cmほど油を入れ、180℃に熱します。牛肉をそっといれて1分、裏返して30秒揚げます。牛肉の厚さが2cm以上ある場合は、裏返して50秒ほど揚げます。

180℃の目安は、パン粉を入れるとすぐにジュと音がして、鍋全体に広がるくらいです。

※厚生労働省は75度(芯温)で1分以上、あるいはそれと同等の加熱を指導しています。あくまでもこちらの記事は参考程度に留めていただき、実食に関してはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

4. 網の上で休ませる

Photo by Uli

油を切ったら、網の上にのせて3分ほど休ませます。

5. 食べやすい大きさにカットする

Photo by Uli

食べやすい大きさにカットして、お皿に盛り付けます。わさびしょうゆを付けて、さっぱりとお召し上がりください。

いろいろ楽しめる。牛カツのおすすめの食べ方

Photo by Uli

ジューシーな牛カツは、わさびしょうゆがよく合います。キレのあるしょうゆが味を引き締め、さわやかなわさびの風味がしつこさを抑えてくれますよ。ほかには、牛肉の旨味をダイレクトに感じられる塩もおすすめ。わさびやレモンを塩と組み合わせるほか、抹茶塩やトリュフ塩などフレーバー付きの塩を使い、「味変」するのもよいでしょう。

また、柚子こしょうのさわやかな風味と辛さは、牛カツと相性抜群。ピリッとした刺激がクセになり、最後まで飽きることなくいただけますよ。あっさり食べたいときはポン酢しょうゆを付けて、油っぽさを軽減させましょう。

こんな食べ方も!牛カツのおすすめレシピ5選

1. 酸味でさっぱり。牛カツトマトソース

トマトソースで食べる、洋風の牛カツレシピです。トマトのフレッシュな酸味で、カツの油っぽさが抑えられるひと品。トマトソースは混ぜるだけで作れるので、むずかしくありませんよ。付け合わせにブロッコリーやレモンを添えると、トマトの色が映えて華やかですね。

2. お店のような仕上がり。薄切り肉の牛カツ

薄切りの牛肉でも、カツが作れます。牛肉は下味を付け、くるくるっと巻いて丸めればOK。中まで熱が入りやすく、やわらかで食べやすいですよ。牛カツはソースの上にのせて、パセリと粉チーズをかけると、お店のような盛り付けに。お財布にやさしいのもうれしいですね。

編集部のおすすめ