ライター : macaroni 料理家 えも

調理師

元料理教室講師。現在はmacaroniの料理家として活動しています。食べることとお酒を飲むことが大好き。お菓子作りとイタリアンが得意。

今年はおうちでハロウィンを楽しもう♪

調理師
macaroni 料理家 えも

こんにちは!macaroni料理家のえもです。
今年もハロウィンの季節がやってきましたね!!毎年さまざまなイベントが各地で開催され、盛り上がっていますが、今年は家族や友達と一緒に「おうちハロウィン」を楽しんでみるのはいかがですか?かぼちゃを使った料理や、見た目もかわいい「ハロウィンパーティー」にぴったりなレシピをご紹介していきます♪

ハロウィンにおすすめの「おやつ」レシピ6選

1. まろやかクリームが上品。パンプキンプチシュー

Photo by macaroni

調理時間:90分 ※粗熱を取る時間は含みません。
まろやかなパンプキンクリームが上品な、シュークリームレシピです。ホイップクリームに裏ごしかぼちゃをたっぷり入れるので、色と風味が抜群。

シュー生地を上手に仕上げるコツは、生地の硬さ。加熱中は目を離さず様子を確認して、ベストなタイミングで火からおろしてくださいね。チョコやかぼちゃの種でデコレーションして、おしゃれなハロウィンスイーツに仕上げましょう。

2. もっちりおいしい。ポンデパンプキン

Photo by macaroni

調理時間:30分
有名ドーナツ店のようなもっちりドーナツを、ハロウィンバージョンにアレンジするレシピです。ホットケーキミックスや白玉粉、豆腐などの生地にマッシュかぼちゃを入れるのがポイント。かぼちゃ本来の甘さが口いっぱいに広がりますよ。レモン入りのアイシングの酸味がアクセントで、ついつい手が伸びるおいしさです。

3. アレンジ自在。おばけマシュマロ

Photo by macaroni

調理時間:15分 ※冷蔵庫で冷やし固める時間は含みません。
卵白やゼラチンで作るマシュマロは、ホットドリンクに浮かべるとしゅわっと溶ける繊細さが魅力。チョコペンで描くおばけのかわいらしい表情にも癒されますね。クセのない甘さなので、ココアやコーヒー、ホットミルクなど、どんなホットドリンクにも合いますよ。マシュマロは崩れやすいため、バットからそっと取り出してキレイに盛り付けましょう。

4. さくほろ食感。かぼちゃクッキー

Photo by macaroni

調理時間:40分 ※粗熱を取る時間は含みません。
コロンとしたかぼちゃの形が愛らしいクッキーのレシピです。生地にかぼちゃを練り込むので、やさしい甘さがふわっと広がりますよ!さくほろ食感がやみつきになること間違いなし。プレゼントにもぴったりです♪

5. 甘さ控えめ。かぼちゃのオレオティラミス

Photo by macaroni

調理時間:30分 ※冷蔵庫で冷やし固める時間は含みません。
かぼちゃ×マスカルポーネチーズで作るティラミスは、甘さ控えめで大人のスイーツにぴったり。淡い黄色とクッキーの黒色がハロウィンらしさを演出してくれます。小さなグラスに盛り付けて、パーティーのデザートにするのもおすすめですよ。口の中でふわっとほどけるクリームとザクザククッキーのコントラストを楽しみましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS