ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

甘酒生活を始めよう!

Photo by あんりちこ

甘酒には、酒かすを原料としたものと、米麹と米から作るものがあるのをご存じですか?酒粕を原料とした甘酒はフルーティーな香りがありますが、アルコールが残っていることも。一方、米麹甘酒はノンアルコールで、ビタミンB群、アミノ酸などが含まれており、「飲む点滴」と呼ばれます。

米麹甘酒は、水分と栄養の両方を一度に補給できることから、江戸時代の文献には夏場に甘酒屋が街で売り歩く様子なども残されています。近年では2011年ごろから始まった麹ブームで甘酒も注目を浴び、健康のために飲む人も増えていますよ。(※1)

飲む点滴♪「炊飯器で作る基本の甘酒レシピ」(調理時間:60分 発酵時間:6時間)

Photo by あんりちこ

最近ではスーパーでも多くの種類が販売されている甘酒。種類が多く価格もバラバラで、選ぶのに迷う方も多いのでは?麹さえあれば自宅で簡単に作ることが可能です。

甘酒の保温方法にはヨーグルトメーカーを使う方もいらっしゃいますが、この記事では、炊飯器を使ったレシピをご紹介します。

材料(4~5杯分)

・米麹(生)……200g
・米……1合(150g)
・水……540cc+360cc

失敗せず、おいしく作るためのコツ

米麹は、生タイプと乾燥タイプが販売されています。おすすめは発酵力の強い生タイプ。生麹を使うと甘み・風味の強い甘酒ができますよ!生麹は冷凍庫で保存できますので、使い切らなくても大丈夫です。通販で購入可能ですので、ショッピングサイトで探してみてくださいね。

また、炊飯器は機種により保温モードの温度が違います。「高め・低め(食べごろ)」モードの2種類がある機種では、低めの保温モードを選んでください。

ヨーグルトメーカーで作る場合は、材料をすべてヨーグルトメーカーに移し、55~60℃で6時間以上保温します。

作り方

1. おかゆを作る

Photo by あんりちこ

米を研いだら炊飯器に米と分量の水540ccを入れ、おかゆモードで炊飯します。

2. 麹を準備する

Photo by あんりちこ

除菌をしたボウルに米麹を入れてバラバラにもみほぐす。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS