3. 卵とごはんを炒める

Photo by とも花

えびを取り出したあとのフライパンにサラダ油大さじ1杯を足し、熱します。溶いた卵を流し入れたら、すぐにごはんを入れてください。

Photo by とも花

ヘラを使って底からひっくり返し、切るようにして卵とごはんを混ぜます。ある程度混ざったら、ヘラで軽く叩くように押さえながらフライパン全体に広げ、焼き付けるように炒めましょう。

卵が焦げないように「底から返して、切るように炒める」を繰り返していると、しだいにパラパラになってきますよ。

4. 具材をフライパンに入れて炒める

Photo by とも花

ごはんと卵が均一に混ざったら、具材をフライパンに投入します。炒めすぎるとパサパサになってしまうので、ざっと混ぜて全体がなじみ、具材が温まったらOKです。ここで鶏がらスープの素を振り入れましょう。

Photo by とも花

フライパンの中心を空け、そこにしょうゆを入れます。芳ばしい香りが立ったら、全体を混ぜて、塩・こしょうで味を調えましょう。

5. 盛り付ける

Photo by とも花

お皿に盛り付けて完成です。スープや副菜を添えれば、立派な中華定食になりますよ。チャーハン自体にボリュームがあるので、副菜は軽めのものでOK。チャーハン作りで余った食材を有効に使えるレシピをご紹介しますね。

余った食材で♪ おすすめ副菜レシピ3選

1. 余ったえびを使う「えびと春雨のタイ風サラダ」

Photo by macaroni

調理時間:15分
鶏がらとしょうゆのうまみを利かせるチャーハンに、甘酸っぱい副菜を合わせるのはいかがでしょうか。プリッとしたえびとプツンと歯切れのよい春雨の食感が楽しい、タイ風サラダです。加熱はレンジのみなので、手軽に作れますよ。作り置きにもおすすめです。

2. 余ったチャーシューを使う「ピリ辛おつまみねぎチャーシュー」

Photo by macaroni

調理時間:15分
うまみたっぷりのチャーハンに負けない、濃い味付けの副菜ならこちらのレシピがおすすめです。具材を切って混ぜるだけなので、とにかく簡単!チャーハンの具材を切るときに、一緒に作業が進められますよ。お酒のアテにもぴったりです。

3. 余ったザーサイを使う「しゃきしゃきザーサイレタス」

Photo by macaroni

調理時間:5分
ボリューム満点なごはんものには、野菜だけの副菜を合わせたい、という方におすすめ。4人分でレタス1玉を使う、中華風味の和え物です。調理時間がたった5分というのもうれしいところ。しゃきしゃき、こりこりの食感を楽しんでください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ