ビタミンE

まだこは100gあたり、1.9mgのビタミンEを含みます。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、紫外線の刺激から肌を守ってくれたり、体内の血中LDLコレステロールの酸化を防いで、血管の健康維持に役立ちます。また、血行を促進する働きがあるので、冷え症の対策にもなります。(※5,6)

ナイアシン

まだこは100gあたり、2.2mgのナイアシンを含みます。

ナイアシンは水溶性のビタミンで、糖質や脂質の分解を助けたり、エネルギーを作りだす働きがあります。また、皮膚や粘膜の健康を維持します。ナイアシンには、アルコールを分解する働きもあるので、お酒を飲むときに摂ると二日酔いの対策にもなりますよ。(※7)

ビタミンB12

まだこは100gあたり、1.3μgのビタミンB12を含みます。

ビタミンB12は、水やアルコールに溶けやすいビタミン。たんぱく質や核酸の合成、アミノ酸や脂肪酸の代謝に関わっています。また、葉酸と協力して健康的な赤血球をつくるため、貧血対策にもつながります。(※8)

亜鉛

まだこは100gあたり、1.6mgの亜鉛を含みます。

亜鉛は、たんぱく質やDNAの合成に必要な成分で、胎児や乳児の成長に重要な役割を担っています。また亜鉛は、味覚を感じる味蕾(みらい)細胞の産生に必要な成分です。加工食品に含まれる食品添加物は、亜鉛の吸収を妨げるので、取りすぎには注意しましょう。(※9)

タウリン

タウリンは、脳や心臓、肝臓など、体のあらゆるところに存在する成分です。私たちの体は、外の温度に影響されることなく、体温を一定に保つしくみを持っています。タウリンにも、体の生理作用をバランスよく保つ作用があります。また、消化管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあります。(※10,11)

たこの栄養を効率よくとる方法

たこに含まれるビタミンEは、脂溶性のため油と組み合わせることで吸収率がよくなります。たこにオリーブオイルをかけてカルパッチョにしたり、油で炒めたりする調理方法がおすすめです。

また、ほかのナイアシンやビタミンB12、亜鉛は水に溶けやすいため、生で調理するマリネや煮汁ごと摂れる料理が向いていますよ。(※5,7,8,9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ