アサリの砂抜き方法

食べた瞬間に口のなかでジャリッ……なんて、せっかくの料理が台なしですよね。潮干狩りで採ってきたアサリも、お店で売られているアサリも、おいしくいただくためには砂抜きが大切なんです。

砂抜きは海水と同じ濃度の塩水に浸けるのが基本。海水の塩分は約3.5%といわれているので、水200ccに対し塩は7gと覚えておきましょう。アサリが砂を吐きやすいように、ひたひたの塩水に浸けます。吐いた水が飛び散らないようにラップをして、冷暗所で1~2時間ほど置けば完了です。

1. 心も身体もぽかぽか。クラムチャウダー

Photo by macaroni

調理時間:30分
最初にご紹介するレシピは、アサリと野菜を牛乳でじっくり煮込んだ基本の「クラムチャウダー」です。スープレシピはアサリから出る旨味たっぷりのお出汁をそのままいただけるので、おすすめですよ。アサリ、牛乳、野菜が入り、栄養バランスもバッチリのひと品です。

2. 旨味がしみしみ。春雨とアサリの酒蒸し

Photo by macaroni

調理時間:15分
アサリを使った料理の定番といえば真っ先に思い浮かぶのが「酒蒸し」ではないでしょうか。こちらは、定番の酒蒸しに春雨を加えた「春雨とアサリの酒蒸し」です。アサリの旨味が春雨に染み込み、ご飯にもお酒にもぴったり♪ お箸が止まらなくなるおいしさですよ。

3. ふっくらおいしい。アサリご飯

Photo by macaroni

調理時間:60分
アサリの旨味をシンプルに味わいたいなら、「アサリご飯」はいかがでしょうか。アサリを炊き上がったご飯にあとから混ぜ込むことにより、身が硬くならずふっくらと仕上がります。煮汁を一緒に炊き込んでいるので、旨味がご飯にしっかり染み込みますよ♪

4. とろっとろ絶品。アサリの中華粥

Photo by macaroni

調理時間:70分
こちらは、生のお米をアサリの蒸し汁でじっくり炊き上げた、やさしい味わいの「アサリの中華粥」です。アサリの身を最後に加えると、食感がふっくらふわふわに♪ 身体の芯から温まるうえ、アサリの旨味が存分に楽しめる本格中華です。

5. ワンポットで楽チン。春野菜のボンゴレビアンコ

Photo by macaroni

調理時間:15分
アサリとパスタも王道の組み合わせではないでしょうか。こちらは、アサリを使ったパスタの定番「ボンゴレビアンコ」です。アサリを蒸すところから、パスタをゆで具材を炒めるところまで、すべてお鍋ひとつでOK。たけのこと菜の花を加えた春らしいひと品です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS