開封後

開封後のコーヒー粉の賞味期限は、1週間ほどです。コーヒー屋さんによっては、3~4日という人もいますね。なぜこれだけ賞味期限が短くなるかというと、粉にすることで空気と水分に触れる部分が増えてしまうから。

これは野菜と同じようなもので、切る前の野菜に比べてカット野菜のほうが味が落ちるのが早いですよね。挽いてしまった場合は、とにかく早めに飲みきるようにしましょう。

そのほかのコーヒーの賞味期限は?

Photo by 今野直倫

コーヒーを楽しむ方は、コーヒー豆と粉だけを利用しているわけではないでしょう。ここでは、コーヒー豆・粉以外のコーヒーの賞味期限を解説します。インスタントコーヒーや缶コーヒーをよく飲むという方は、参考にしてください。

インスタントコーヒーの賞味期限

Photo by 今野直倫

インスタントコーヒーの賞味期限は、未開封の状態で3年くらいです。開封後は1ヶ月くらいをみておくといいでしょう。

インスタントコーヒーであっても、空気や水分に弱いのは同じです。短期間に飲みきれるだけの量を買うようにしましょう。

缶コーヒーの賞味期限

Photo by 今野直倫

缶コーヒーの賞味期限は、未開封の状態で1~3年くらいです。缶コーヒーは空気の出入りが完全に遮断されるので、長持ちします。

開封後の賞味期限については、次の「淹れたコーヒーの賞味期限」を参考にしてください。

淹れたコーヒーの賞味期限

Photo by 今野直倫

コーヒーは淹れた瞬間から劣化が始まります。淹れたホットコーヒーの賞味期限は、30分~1時間くらいです。劣化すると酸っぱくなったり、えぐみが出たりするので、温かいうちに早めに飲むようにしましょう。

コーヒー豆の賞味期限表示の意味

Photo by 今野直倫

コーヒー豆に賞味期限を設定する意味はあるの?」と思われる方もいるかもしれません。ただ、コーヒー豆は果物や野菜と同じで腐敗していくため、賞味期限を設ける必要があるのです。

例えば、コーヒー豆が古くなると味が悪くなるだけでなく、一部の成分が毒性を持つといわれています。見た目では分かりにくいですが、成分が悪化していることには変わりないので、賞味期限を守るようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS