ライター : Uli

webライター

シナモンコーヒーとは?

Photo by Uli

仕事や家事の合間に、または友人や家族と楽しむお茶の時間に欠かせないコーヒー。そのままブラックで飲む人、ミルクや砂糖を混ぜて飲む人など味わい方はさまざまです。

そんなかでも今注目されているコーヒーの飲み方に「シナモンコーヒー」があります。シナモンの風味とコーヒーが合わさった、甘い風味が魅力のコーヒーです。

シナモンパウダーで簡単。シナモンコーヒーの作り方

Photo by Uli

調理時間 5
シナモンパウダーとお好みのコーヒーで作るシナモンコーヒーのレシピです。コーヒーの苦味とシナモンの甘い風味が絶妙に合いますよ。お好みで牛乳や豆乳、チョコレートを加えるのもおすすめ。お好みでアレンジもお楽しみください。

材料(1杯分)

Photo by Uli

  • コーヒー 1杯分
  • 熱湯 適量
  • シナモンパウダー 適量

コツ・ポイント

  1. お好みのコーヒーを使う
  2. シナモンパウダーの分量は調整する
ドリップコーヒーでもインスタントコーヒーでも同様に作れます。お好みのコーヒーをお使いください。シナモンパウダーの分量は3~4振りがおすすめですが、味見しながら分量は調整しましょう。

作り方

1.コーヒーを淹れる

カップに熱湯を注いでコーヒーを淹れる様子

Photo by Uli

通常の手順と熱湯の分量でコーヒーを淹れます。

2.シナモンパウダーを加える

コーヒーが入っているカップにシナモンパウダーを加える様子

Photo by Uli

シナモンパウダーを加え、スプーンでかき混ぜて完成です。

シナモンコーヒーの栄養と特徴

シナモンの栄養素とカロリー

「スパイスの王様」と言われるシナモンは、ドリンク以外にもパンやスイーツ、カレーなどお料理のスパイスとしても使われます。

シナモンの栄養素は、炭水化物をはじめ、マンガンやカルシウムといったミネラルが含まれており、カロリーは100gあたり356kcalです。ちなみに「桂皮(けいひ)」という名前で、生薬としても使われているんですよ。(※1)

コーヒーの栄養素とカロリー

リラックスタイムのお供の定番、コーヒー。コーヒーに含まれるクロロゲン酸類は脂肪蓄積をおさえるはたらきや強い抗酸化作用をもつため、ダイエットや美容に良いと注目されています。

また、コーヒーのカロリーは100mlあたり4kcalなので、ブラックコーヒーであればダイエット中も楽しめます。しかし、コーヒーにミルクや砂糖を加える場合は、カロリーが高くなる点に注意が必要です。(※2,3)

編集部のおすすめ