スパイスの王様♪ シナモンコーヒーの特徴と作り方

シナモンを入れて楽しむコーヒーを、シナモンコーヒーと言います。いつものコーヒーに、パウダーかシティックのシナモンを入れるだけで簡単に作ることができます。風味もさることながら、シナモンは栄養素や効能もたくさんあるスパイス。健康を気にする人にもおすすめの飲み方なんです!

2019年9月19日 更新

シナモンコーヒーとは?

仕事や家事の合間に、またお友達と楽しむお茶の時間に欠かせないコーヒー。そのままブラックで飲む人、ミルクやお砂糖を混ぜて飲む人など味わい方はいろいろ。

そんな中でも今注目されているコーヒーの飲み方に「シナモンコーヒー」があります。シナモンの風味とコーヒーが合わさった、スパイシーで体にもいいコーヒーなんです!

シナモンコーヒーの栄養と特徴

シナモンの栄養素とカロリー

「スパイスの王様」と言われるシナモン。ドリンク以外にもパンやスイーツ、カレーなどお料理のスパイスとしても使われます。マンガン、カルシウムを筆頭に栄養豊富なシナモン。「桂皮(けいひ)」という名前で、生薬としても使われています。

コーヒーの栄養素とカロリー

リラックスタイムのお供の定番、コーヒー。コーヒーに含まれるクロロゲン酸類はダイエットや美容にいいとされています。100mlあたり4kcalということなので、ブラックコーヒーを飲む分にはダイエット中にも楽しめる飲み物と言えます。しかし、コーヒーはミルクやお砂糖を合わせて飲む場合も多く、その場合にはよりカロリーが高くなる可能性もあるので注意が必要です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう