シンプルさにはまりそう!「コーヒーケーキ」の海外アレンジレシピ6選

普段のティータイムに、豪華さはなくても素朴な味が魅力のコーヒーケーキを焼いてみませんか?海外では人気のケーキで、コーヒーと一緒にカフェの定番メニューですが、家庭でも簡単に焼く事ができるのですよ。一度食べれば止められません!

2016年7月29日 更新

コーヒーケーキを焼こう!

コーヒーケーキというと、コーヒーの味がするケーキかと思いますが、そうではなく、コーヒーと一緒に食べるケーキの事で、割と大雑把に焼いたしっとり感のあるケーキで、シュトロイゼルと呼ばれるバター、小麦粉、砂糖を切り混ぜてそぼろ状にしたものをトッピングしてある家庭的なケーキです。
初心者でも失敗なく焼けるケーキなので気軽に作る事ができます。

早速そのコーヒーケーキをご紹介します。

1.オールドファッションコーヒーケーキ

小麦粉、砂糖、塩、シナモンをボールに入れ混ぜます。まん中に穴をあけておきます。
溶かしたバターにバニラエッセンスとアーモンドエクストラクトを入れ混ぜ、粉類のボールのまん中をあけたところに入れます。
フォークで少しずつ粉類をバターと混ぜていきます。全体にバターが混ざりあうまで混ぜ、大きめのそぼろ状にしトッピングを作ります。

小麦粉、重曹、塩、ベーキングパウダーをボールに入れ混ぜます。
別のボールにバターと砂糖を合わせてハンドミキサーで混ぜ、軽くフワフワにします。
卵を少しずつ入れていき、その都度良く混ぜ、バニラエッセンス、サワークリームを入れ混ぜます。粉類を入れ、混ぜすぎない様に気をつけ、さっくりと混ぜます。

油を塗ったオーブン用の型に生地を入れ平にします。
生地の上に作っておいたトッピング用のミックスを手で生地全体に広げます。
175℃の温めたオーブンで30〜35分焼きます。

2.キャラメルアップルコーヒーケーキ

スキレットにバターを入れ溶かし、りんごを加え5分ソテーし柔らかくして火から下ろし、完全に冷まします。

ブラウンシュガー、バター、ホイップクリーム、蜂蜜を鍋に入れ混ぜながら沸騰させ、2分煮込みキャラメルソースを作り完全に冷まします。

小麦粉、ブラウンシュガー、グラニュー糖、シナモン、塩、溶かしバターを混ぜそぼろ状にし、シュトロイゼルを作ります。

バターをハンドミキサーで混ぜ、砂糖とバニラエッセンスを少しずつ加え、よく混ぜます。
卵を少しずつ加え、その都度よく混ぜます。
小麦粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜ、牛乳と交互に少しずつバターのミックスに入れます。油を塗った型に入れ、りんごのソテーを乗せ、キャラメルソースの半分をかけ、シュトロイゼルをトッピングします。
アルミホイルで軽く蓋をし、175℃のオーブンで45分焼きます。ホイルを取り、15〜20分焼き、型に入れたまま30分冷まします。型から出し、残りのキャラメルソースをかけます。

3.バナナコーヒーケーキ

pinit

pinterest like count 4182

pinterest comment count 2

小麦粉、ブラウンシュガー、シナモン、バターをフードプロセッサーで回し、そぼろ状にしトッピングを作ります。クルミを混ぜておきます。

小麦粉、重曹、ベーキングパウダー、ナツメグ、塩をボールに入れ混ぜます。
バターをハンドミキサーで混ぜ滑らかにします。少しずつ砂糖を入れふわふわにします。
卵を少しずつ加えよく混ぜます。バニラエッセンスと潰したバナナを入れよく混ぜます。
粉類を牛乳と交互にバターの生地に入れ混ぜ、油を塗った型に入れトッピングを散らします。175℃の温めたオーブンで35〜40分焼きます。型に入れたまま冷まします。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう