女性の味方!レモングラスの栄養・効能とレシピまとめ

まるで本当にレモンをかいでいるような、爽やかな香りの「レモングラス」。今回は、その栄養や効果効能、活用レシピなどをご紹介します。なんとなく香りを楽しむだけのような気がしていた、このハーブ。実は、とっても優秀だったんですよ。

レモングラスとは

「レモングラス」は、イネ科オガルカヤ属の多年草です。アジア料理やカリブ料理でも使用されているハーブで、ポピュラーなものでは、トムヤムクンに使用されています。また、葉を乾燥させてハーブティーとして利用されることも多いです。

レモングラスそのものは、南インドやスリランカなど、東南アジアに多く生息する植物です。高さが1.5mほどになり、1mにもなる細長い葉をつけます。レモンのようなフレッシュな風味がすることから「レモングラス」と呼ばれるようになりました。

精油としても大活躍

葉と茎からとれる精油は世界中で多く活用され、香料などに利用されています。精油を使った療法・アロマテラピーに用いられることもあり、エステなどで体験された方もいるのではないでしょうか。

精油の芳香は虫が嫌う匂いでもあり、化学物質を使いたくない人の虫よけスプレーとしても利用されることがあります。

レモングラスが持つ栄養

カリウム

レモングラスには、豊富なカリウムが含まれています。カリウムは細胞液の浸透圧を調整する役割があり、過剰に摂取されたナトリウム(塩分)の排出を促す作用もあるので、積極的に摂りたい栄養素です。(※1)

カルシウム

言わずと知れた、骨や歯を構成する主成分であるカルシウム。ビタミンDと一緒に摂取することで、効率よく体内で活用できます。筋肉を動かしたり、神経を安定させるためにもカルシウムは必要不可欠です。(※2)

鉄分

鉄分は、赤血球内のヘモグロビンの元となる栄養素で、身体中に酸素を運ぶために大切な成分です。十分に摂取できてなかったり、生理や出産などで体内の鉄分が不足すると、貧血症状があらわれてしまいます。たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると、吸収率が高まりますよ。(※3)

レモングラスの効果効能について

消化促進

レモングラスは、胃の働きをサポートすることで消化を促する作用があります。(※4)飲み会などで食べ過ぎて、胃もたれや胸やけを感じたときには、レモングラスのハーブティーを飲んでみるのがいいかもしれませんね。

リフレッシュ 

レモングラスの香りは、頭をすっきりとさせてくれることにより、リフレッシュ効果が期待できます。(※4)ルームフレグランスとして、レモングラスを勉強机や職場に置いておくといいかもしれませんね。

レモングラスのルームフレグランスの作り方

スプレーボトルに無水エタノール(20ml)、レモングラスのエッセンシャルオイル(約20滴)の順に加え、よく混ぜます。精製水(40ml)を加え、蓋をしてしっかり上下に振ったら完成です。使うたびに、よく振って混ぜるのがポイントですよ。使用期限は約1ヶ月です。

抗菌殺菌

レモングラスは、抗菌・殺菌効果が高いのも特徴のひとつです。風邪や、水虫対策にもよいと言われています。(※4)ただし、オイルを塗布して使う場合、肌が弱い方は刺激を強く感じることがあるので、使用方法に関して専門医に相談することをおすすめします。

レモングラスの摂り方・レシピ3選

特集

SPECIAL CONTENTS