ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを…もっとみる

コーヒー豆の賞味期限は?

Photo by 今野直倫

コーヒー豆の賞味期限ってどれくらいなんだろう?」コーヒーを家で飲む方なら、一度は気にしたことがあるのではないでしょうか?ひと言でコーヒー豆と言っても、豆のまま、挽いた粉、未開封、開封後などの条件でおいしく飲める期間は変わってきます。

あなたが普段どんなふうにコーヒーを楽しんでいるかによって、ここで紹介するコーヒーの賞味期限を参考にしてみてください。

コーヒー豆のままの賞味期限

Photo by 今野直倫

「コーヒー豆のまま」か、「挽いた状態の粉」かでいうと、コーヒー豆のままの方がおいしく飲める期間は圧倒的に長くなります。また開封したものより、未開封の方が長く持ちそうな気がしますが、未開封と開封後ではどれくらい差があると思いますか?

普段からコーヒー豆を焙煎し、お客さんにお出ししている私が解説します。

未開封

未開封状態のコーヒー豆の賞味期限は、おおよそ1年

ただし、気を付けなければいけないのは、「買ってから」ではなく「焙煎日から」ということです。つまり、焙煎した日が分からないコーヒー豆の賞味期限は、正確には分かりません。長くおいしく飲みたい場合、焙煎日の分からないコーヒー豆は避けましょう。

開封後

では、開封後のコーヒー豆はどれくらい持つのかというと、おおよそ1ヵ月と一気に期間は短くなります。なぜなら、一度開封してしまうと「空気」や「水分」に触れてしまうから。

ほかの食品、例えば缶詰や牛乳、お菓子でも開封したあとは劣化が早くなりますよね。開封したあとは、劣化が進んでいきますのでなるべく早めに飲みきるようにしましょう。

挽いたコーヒー粉の賞味期限

Photo by 今野直倫

一度コーヒー粉に挽いてしまうと、残念ながら賞味期限は短くなってしまいます。そのため、基本的には豆の状態で買うのがおすすめなのですが、飲むたびに豆を挽くのは面倒だと思う方もいるでしょう。

そういった方は、以下の賞味期限を参考にして早めに飲みきりましょう。

未開封

未開封の状態のコーヒー粉は、未開封の豆と同じく約1年もつといわれています。ただ、焙煎してから1年も粉の状態で保存するのはおすすめできません。なぜなら、未開封とはいってもお店によってパッケージの方法が違い、完全に空気と水分が遮断されているとは限らないからです。

どうしてもコーヒー豆・粉を長期保存した場合については、この記事の最後のほうで紹介します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS