コーヒー豆はいつまでに飲みきれば良い?

コーヒーの賞味期限を紹介しましたが、賞味期限いっぱいまでおいしく飲めるというわけではありません。なぜなら、コーヒーは焙煎した直後から劣化が徐々に進行しているからです。

コーヒーをなるべくおいしく楽しみたいのであれば、おいしく飲める期間を知っておきましょう。

コーヒーがもっともおいしいタイミング

Photo by 今野直倫

コーヒーがもっともおいしいタイミングは、焙煎してから3~4日目です。

「焙煎直後が一番おいしいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。なぜかというと、焙煎直後のコーヒー豆はガスを多く含んでいて、旨みを抽出するのがむずかしいからです。コーヒーのガスが適度に抜けて、おいしいコーヒーを淹れやすい頃合いがベストでしょう。

賞味期限切れのコーヒーは飲めるの?

Photo by 今野直倫

賞味期限とはあくまで目安であって、賞味期限を過ぎたからといって絶対に飲めないわけではありません。ただ、大幅に賞味期限を過ぎたコーヒーは味も悪く、体にも負担をかけるので避けたほうが無難です。

私は、開封後6ヶ月の豆を飲んでしまい、救急車を呼ぶ一歩手前までいきました。コーヒー豆は飲む以外にも利用方法があるので、無理に飲むのはやめましょう。

賞味期限が切れたコーヒー豆の活用方法

Photo by 今野直倫

賞味期限が切れたコーヒー豆は、消臭剤として使うのがおすすめ!コーヒーには消臭効果、防虫効果があるので、お部屋の芳香剤のような使い方ができます。

コーヒー豆を布袋に包んで靴の中に入れておいたり、煙草の火消しに使ったりしても良いでしょう。コーヒー好きであれば賞味期限切れのコーヒーを捨ててしまうことなく、最後まで有効活用したいですね。

コーヒー豆の適切な保存方法とは?

Photo by 今野直倫

コーヒー豆を最後までおいしく飲むためには、コーヒーを適切に保存しましょう。保存方法でコーヒー豆の賞味期限は大きく変わってきます。

ここで紹介する保存方法を参考にして、おいしいコーヒーをお家で楽しんでくださいね。

高温多湿を避ける

コーヒー豆は温度と水分に弱いです。高温多湿を避けて、乾燥した冷暗所に保存するようにしましょう。

水分を避けるには、密閉容器に入れておくことです。コーヒー豆用のキャニスターや密閉できる袋を用意するといいですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS