ライター : 吉田 鈴

関西出身、沖縄移住を経て、現在は那須に暮らしています。 家族は夫と、2017年末生まれの息子、そしてうさぎ2匹です。 子どもの頃から料理が好きで、調理の仕事もいくつか経験しまし…もっとみる

おいしい「コーヒー豆」の選び方

飲み方で選ぶ

コーヒーは、ブラック派ですか?それともミルクを入れたり、砂糖を入れて甘くして飲むのがお好きでしょうか?飲み方に合わせて、豆の種類や焙煎のしかたも変えてみましょう。 好みによっても変わってきますが、ブラックで飲むならば中煎り~中深煎りのものを。ミルクや砂糖を入れるなら、中深煎り~深煎りがおすすめです。ミルクや砂糖を入れることを前提にした豆やブレンドもありますよ。

ホットorアイスで選ぶ

寒い日に飲むあたたかいコーヒーも、暑い夏に飲む冷たいコーヒーも、どちらもおいしいですよね。ホットとアイスで、豆を変えてみるのもおすすめです。 基本的にコーヒーはホットで飲むものなので、ホットの場合はいろいろな豆や焙煎を試してみてもいいですね。アイスは、豆によっては味や香りがしないこともあります。基本的には深煎りや、アイスコーヒー用の焙煎の豆が向いています。

「コーヒー豆」の産地と特徴

コーヒー豆は単一の豆のほか、複数の豆を合わせたブレンドがよく売られていますね。ブレンドはお店によって味が異なるので、飲み比べてみて好みのものを探してみてはいかがでしょうか。 産地や焙煎によっても味が大きく変わってきます。ちょっと焙煎を変えるだけで同じ豆とは思えないほどに変わるのが、コーヒーの面白いところでもあります。

産地

大きくわけて中南米、アフリカ、アジア諸国があります。中南米で一番メジャーなのは「ブラジル」でしょうか。ほかに「コロンビア」や「グァテマラ」、ジャマイカでは高級コーヒー「ブルーマウンテン」が有名です。 アフリカは「ケニア」やエチオピアの「モカ」、タンザニアの「キリマンジャロ」。アジア諸国ではインドネシアの「マンデリン」が有名です。ほかにハワイでとれる希少なコーヒー「コナ」もあります。

焙煎

もっとも浅煎りになる「ミディアムロースト」から、もっとも深煎りの「イタリアンロースト」まであります。一般的な喫茶店などで出されているコーヒーは「ハイロースト」が多く、やや浅めで香りと酸味を楽しめる焙煎です。 深煎りになるにつれ、酸味は薄くなり、コクと苦みが強くなっていきます。すっきりと爽やかに飲みたい時は浅めの焙煎を。コクを楽しみたい時や、ミルクや砂糖を入れたい時、アイスコーヒーにしたい時は深めの焙煎がおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS