自宅でドリップを取り入れるには?正しい淹れ方とおすすめグッズ7選

自宅でコーヒーを飲むとき、どんなことにこだわっていますか?手間がかからないこと、おいしいこと、お金がかからないこと。ハンドドリップはそのどれもクリアできるおすすめの淹れ方です。今回は初心者でもできる淹れ方、おすすめグッズを紹介します。

2018年10月10日 更新

「ドリップ」とは?

自宅でコーヒーを飲む際、どんな方法で淹れていますか?簡単にお湯で溶かすだけのインスタントコーヒーやコーヒーマシンを使って全自動で淹れている方もいるでしょう。

コーヒーの淹れ方にもいろいろありますが、そのひとつが「ドリップ」です。粉にしたコーヒー豆をフィルターにセットして淹れる方法です。

仕組み

ドリップコーヒーはおそらくもっとも多くの人が用いている淹れ方ではないでしょうか。

コーヒーミルで豆を粉状にし、ドリッパーにフィルターをセットしてコーヒーを淹れます。コーヒー豆にはいろんなエキスがあり、そのうまみだけを液体として抽出するのがドリップ。フィルター上のコーヒー豆をじっくり蒸らして抽出する、たったそれだけのシンプルな仕組みです。

味や風味の特徴

インスタントコーヒーとの違いは?

よく比較されるのが、手間のかからないインスタントコーヒーです。これは簡単に淹れられるというのが最大のメリットですが、一度抽出したコーヒーの液体を乾燥させて粉末にしているため、ちゃんとドリップして淹れたコーヒーに比べると味が落ちます。

ドリップコーヒーはインスタントコーヒーに比べると香りがよく、また豆から本格的に選べるのも特徴です。

エスプレッソとの違いは?

ドリップコーヒーとは違う抽出方法で淹れられるエスプレッソ。イタリアのコーヒーですが、これは豆の煎り方、挽き方から違いがあり、それを高圧で抽出することであのような濃くて苦いコーヒーになるのです。

ドリップコーヒーの場合はエスプレッソほどの深煎り豆を使うことはなく、抽出方法も違うので苦味に違いが出ます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう